■花田勝彦監督インタビュー・後編

「世界No.1を目指す」という目標のもと、今年4月にスタートを切ったGMOアスリーツ。インタビュー前編で創設の狙いを熱く語ってくれた花田勝彦監督だが、具体的にどのような方法で強化し、どんな選手の育成を目指しているのか。引き続き、その胸の内を聞いた。

「マラソン、駅伝、トラック。すべてにおいて現在の国内のレースを見て感じるのは、ひとりで走れる選手が少ないということです。集団から飛び出し、状況を打開できる選手はかつてと比べて減り、ペースメーカーや集団の力に頼りながらレースを進める場面が目につきます。そこに今の日本の弱さがあるのではないでしょうか。

 オリンピックなどの国際大会ではペースメーカーはいません。その中でアフリカ勢は勝負するタイミングを自分の力で作り出し、一気に逃げ切ります。そうした自分でレースを作れる強さを目指します」

 そのため、GMOでは練習を個人単位で行うだけでなく、ペース変化への対応、さらにはレース終盤で自分から仕掛ける力を養うトレーニングメニューを組んでいく。当面、マラソンでは国内のレースが主戦場になるが、将来的にはタフさの求められる夏のマラソン、さらにペースメーカーのいない海外のレースにも積極的に参戦する予定だ。それもすべて国際大会での勝負を見据えての取り組み。「速さ」だけでなくそこに「強さ」があるか。この認識を選手と共有しながら強化を進めていくことになる。

「世界No.1を目指す」という目標のもと、今年4月にスタートを切ったGMOアスリーツ。インタビュー前編で創設の狙いを熱く語ってくれた花田勝彦監督だが、具体的にどのような方法で強化し、どんな選手の育成を目指しているのか。引き続き、その胸の内を聞いた。

「マラソン、駅伝、トラック。すべてにおいて現在の国内のレースを見て感じるのは、ひとりで走れる選手が少ないということです。集団から飛び出し、状況を打開できる選手はかつてと比べて減り、ペースメーカーや集団の力に頼りながらレースを進める場面が目につきます。そこに今の日本の弱さがあるのではないでしょうか。

 オリンピックなどの国際大会ではペースメーカーはいません。その中でアフリカ勢は勝負するタイミングを自分の力で作り出し、一気に逃げ切ります。そうした自分でレースを作れる強さを目指します」

 そのため、GMOでは練習を個人単位で行うだけでなく、ペース変化への対応、さらにはレース終盤で自分から仕掛ける力を養うトレーニングメニューを組んでいく。当面、マラソンでは国内のレースが主戦場になるが、将来的にはタフさの求められる夏のマラソン、さらにペースメーカーのいない海外のレースにも積極的に参戦する予定だ。それもすべて国際大会での勝負を見据えての取り組み。「速さ」だけでなくそこに「強さ」があるか。この認識を選手と共有しながら強化を進めていくことになる。

 また今後は大学とのつながりも、より強固なものしていく方針だ。花田監督は「大学からの一貫教育」を目指しており、これから加入してくる選手は早い段階からその適性を見極め、長期的な視野に立った育成をしていくという。

「ここもGMOの独自性のひとつといえると思います。特に今、箱根駅伝はメディア、観衆の数を考えてもオリンピックに次いで注目の集まる大会です。そんなプレッシャーのかかるレースを早くに経験できる点は世界を見据えるうえではプラスと考えられます。

 ただ、そこで満足するのではなく、その先にさらに大きなステージがあることを伝えていかないといけません。多くの大学と連携を取りながら、いかに意識の面でもトレーニングの継続性の面でもロスなく、次の目標に向かっていけるか。その方法と仕組みも考えていくつもりです」

 GMOでは高地トレーニングだけでなく、フィジカル強化でも最先端の手法を取り入れているが、「それだけでは不十分」と花田監督は考える。タフな戦いになればなるほど最終的にモノをいうのは「科学を超えた精神の強さ」。酷暑でのレースが予想される2020年東京五輪を見据える以上、その部分にも向き合っていかなければならない。

「私の師でもあった瀬古利彦さん(現DeNA総監督)が練習で行なっていたような、50km走なども将来的に必要になると一色選手本人も自覚しています。科学の力は大いに利用しますが、それだけではアフリカ勢には勝てません。今の時代に逆行する部分もあるかもしれませんが、最終的には生活すべてを競技にかける覚悟を決めなければ、勝負の舞台には上がれないと考えています」

 まずは、長く更新されていないマラソン日本記録が最初のターゲット。そして世界と戦うためには、「最低でも2時間5分台の力が必要」というのがGMOの考えだ。そのためにはトラックのスピードもさらに伸ばしていく必要があり、先に挙げた「自分自身でレースを作れる強さ」も備えなければならない。「日本人でもまだまできるはずです」と話す花田監督はその未来に、手ごたえをじているようだ。

 GMOアスリーツはまだ動き出したばかり。「世界No.1を目指す」という志がどのような結果に結びつくか、期待したい。

加藤康博●文 text by Kato Yasuhiro