元セクシー女優・沖田杏梨が自身初のワンマンライブを開催

写真拡大

セクシー女優引退後も、福山雅治主演映画「SCOOP!」やこの冬公開の「14の夜」への出演や海外での映画撮影やタレント活動など活躍の幅を広げる沖田杏梨。彼女が自身初となるソロライブを、誕生日前日の10月27日に東京・J-SQUARE SHINAGAWAで開催した。

胸元が大きく開いた和服がモチーフの衣装を身にまとい登場!

主催は、元&現役セクシー女優が所属する音楽プロジェクト「Milky Pop Generation」(通称“みるじぇね”)で、これまで「オリジナル楽曲」「生楽器」にこだわってきた同プロジェクトとしても初のワンマンライブ。その第1弾とあって、制作陣も気合十分でこの日を迎えた。今回ももちろん生演奏で、キーボード、ベース、ドラムのバンド編成、途中からはバイオリンも加わるなど豪華な“生”演出も。

ソロライブ開催を記念して制作されたグッズ、限定オリジナルワインや、ライブロゴ入り限定Tシャツ、“沖タワシ”は、瞬時に完売するなど開演前からファンの熱気があふれていた。観客席には男性だけでなく、女性や外国人ファンの姿も多数見られた。

セットリストは次の通り。「CAT WALK」(オリジナル)、「wanna stay with you」(オリジナル)、「トライ・エヴリシング」(Dream Ami)、「CRIMSON WIND」(オリジナル)、「Colours」(オリジナル)、「If I Ain't Got You」(アリシア・キーズ)、「Liar」(オリジナル)、「秋桜」(山口百恵)、「Voyage」(並木優)、「Let It Go」(イディナ・メンゼル)、「まぼろしMONSTER」(オリジナル)、「HERO」(マライア・キャリー)の全12曲。そしてアンコールで「CAT WALK」(オリジナル)、「Son for the earth」(オリジナル)の2曲。

いよいよ沖田がステージへ…胸元が大きく開いた和服がモチーフの衣装で登場! ファンは大歓声と拍手で迎える。

1曲目の「CAT WALK」(オリジナル)から一気に観客を引き込む。沖田の安定感のある伸びやかな歌声、ノリの良い曲調、そしてネコの仕草を取り入れたキュートな振り付けが一体となって会場を、そしてソロライブの幕開けを盛り上げていく。

2曲目の「wanna stay with you」(オリジナル)。サビの高音もブレのない美声が会場を包み、ジャジーな雰囲気で聴いている側も自然と体が動き出していった。

歌い終わるとMCへ。「みなさん、こんばんは。今日はついに待ちに待ったワンマンライブの日を迎えました!」とあいさつすると、観客からも大きな声援が送られる。ステージと観客との温かいやり取りはソロライブでも健在。「今日の(ライブへの思いの)せいで胸が…Lカップくらいまで膨らみました〜(笑)」と早速笑いを誘う。

「みなさまからTwitterなどでいただいたアンケート…?」と言葉に詰まるとすかさずファンから「リクエスト!」とツッコミも。「リクエストね! みなさまからのリクエストしか歌わないので、このあと楽しみにしていてください。アップテンポな曲もあるので一緒にノッていただけるとうれしいです!」と手拍子を促しながら次の曲へ。

3曲目は、ディズニー映画「ズートピア」の日本版主題歌としても知られる「トライ・エヴリシング」(Dream Ami)。生バンドならではの心地よい演奏と共に沖田のパワフルな歌唱力が存分に発揮される選曲だった。

ここで再びMCへ。「改めましてこんばんは〜沖田杏梨です。いつも会場で自分のファンの方を探すんですけど…『ああ、今日は全員!』みたいな(笑)。みなさんお忙しい中、今日は平日なのに…」と恐縮する沖田に、ファンから「関係ないよ!」と返ってくる。

沖田は続けて、「今日みなさんに会えて本当に光栄です! ありがとうございます。えっと…初めてのワンマンライブで、段取り見ながらっていうのが初めてで…。最近までシンガポールで映画『DIAMOND DOGS(原題)』の撮影があって。全編英語で、(撮影の)10日前くらいに送られてきた台本も英語で、Twitterで伝わったと思いますが相当テンパっていて。この(ライブの)練習とどうやって折り合いをつけていくのかが今月の最大の課題だったんですけど…大丈夫! みなさんがいるから乗り越えられました!」とファンへの感謝の気持ちをストレートに伝える。

ここでバンドメンバーの紹介へ。「ピアノの天才、松岡美弥子さん! 何お願いしてもいきなり弾けちゃう天才なんです…。そしてベースのヤマトヤスオさん! 実はすごい方で、ルパンの楽曲も弾いてらっしゃる方なんです。そしてどんなリズムも叩ける小山田和正さん! ドラムと同じくらいカレーの知識をお持ちです(笑)」と一言コメントを添える心遣いが見ていて飽きさせない。「次は今まで1度しか披露したことない曲です。私がまだアダルト業界にいたころ、メーカー専属になるときに作っていただいたボカロっぽい曲です、みなさんよろしくお願いします!」と紹介。

そんな4曲目は「CRIMSON WIND」(オリジナル)。切ない曲調ながらもアップテンポな楽曲をにじみ出るようなセクシーさと共に歌い上げた。観客席のあちこちから「かっこいい〜!」との声が上がる。

続いて5曲目は「Colours」(オリジナル)では妖艶な魅力を存分に発揮。間奏中には再びバンドメンバーを紹介、ソロ演奏で魅せる彼らとのやり取りからこれまでに築かれた絆が感じられた。

「前半の曲がもうすぐ終わりま〜す。次に歌わせていただく曲は、結構前に“みるじぇね”ライブをしているときにリクエストいただいた曲で私もすごくハマっちゃって。気持ちを込めて歌います。(私の得意の)英語の曲を…。今日ちょっと私あんまり面白くないんですけど(笑)。いつも(のみるじぇねライブで)歌うのは4曲だけですが、今日は(12曲なので)…」と余裕のなさを告白すると、ファンからは「笑いはいらないよ!」と温かい返答に、沖田も「いらない!…いや、いりま〜す!」と徐々に余裕も出てきた様子。

前半最後となる6曲目は「If I Ain't Got You」(アリシア・キーズ)。以前のインタビューで語っていたように歌うことに不安要素の少ない洋楽とあって、彼女の芯のある声質と表現力が一層豊かに表現されていた。

そして後半戦へ。一度ステージを下りた沖田が、ボディーラインを強調した白いドレスで再登場。

7曲目は「Liar」(オリジナル)。吐息交じりの色気のあるパートあり、ジャジーにしっとり聴かせるパートあり、そして力強さあふれるサビと、メリハリのある歌声が心にしみるアレンジに。

曲終わりには、「あ、そうだ! 今日はさらにスーパープレーヤーをお呼びしております…世界のバイオリニスト、吉田篤貴さん! 呼んじゃいました〜」と追加の豪華メンバー紹介も。

「今回のライブのテーマですが、前回は『絆』だったんですけど、今回は『縁(ゆかり)』です。(セクシー女優としてデビューしてから)5年とものすごく長くみなさんと一緒にいると思っていて、それよりもっと長い付き合いの人も今日は来てくれてるんですけど、それってすごい“ゆかり”だなって思うんです。私は前世とか信じているので、前世でも会っているんだろうなって思って…今日は“ゆかり”をテーマにしました」と今回のテーマを熱く紹介。

続いて、「それでは、みなさんの募集…アンケート?…リクエスト! リクエストの中で、唯一歌謡曲を持って来ました。すごくきれいな曲なのでぜひ(ライブで歌いたい)と私も思っていて、(曲のコンセプトは)“母”に向けた曲なんですが、『秋桜(コスモス)』という曲を気持ちを込めて歌わせていただきます」と曲への思いを語った。

8曲目の「秋桜」(山口百恵)では、バイオリンも加わった情感豊かな演奏と切なさあふれる叙情的な歌声で、会場にいる全員が聴き入り、静かに耳を傾けていた。

「次は『Milky Pop Generation』の楽曲で、別の女優さんの曲なんですが…並木優ちゃんの『Voyage』という曲がすごくきれいで昔から好きで、私が『歌いたい、歌いたい』と言っていたら歌わせてもらえることになりました。バイオリンのキレイな音色と共に聴いていただきたいと思います」とこちらも念願の楽曲で、ライブ前に「“みるじぇね”史上ありそうでなかったアレをやる」という予告があったが、それがこの曲のことだったという。

バイオリンの前奏から始まった9曲目「Voyage」(並木優)。思い入れの強い楽曲ということもあり沖田の愛情が一際深く込められた艶のある歌声で、前曲に続き観客を魅了した。

10曲目は一番リクエストが多かったというディズニー映画「アナと雪の女王」の主題歌でもある「Let It Go」(イディナ・メンゼル)。曲名が告げられると観客席からは「待ってました〜」との声も飛び交う。サビの「Let It Go」の部分を、1回目はそっと柔らかく、2回目以降は持ち前のパワフルさで歌いきった強弱の付け方が絶妙で印象的だった。

そのまま続けて11曲目は「まぼろしMONSTER」(オリジナル)。ファンも序盤から手拍子でノレるおなじみのオリジナル曲だが、今回のライブではバイオリンが加わっていることでまた違った味わい深さが感じられた。

曲終わりに数秒の間があり、「(このタイミングは)しゃべるらしい(笑)」と観客席に語りかける。

「1回目のソロライブで一生懸命頑張っているんですけど、またこういう機会を持たせてもらえるように(今日は)全力を尽くしているので、最高の思い出になるように…みなさん今日は本当にありがとうございます! まだ終わってないですね…でも次の曲が最後の曲なんです」と言うと、会場からは「さっき始まったばっかり!」と惜しむ声が続々上がる。

それを受けて「でも結構もう歌ったんですよね…(笑)」と場を和ませる。「たくさんお花やメッセージをいただいて、今日という日が私にとって本当にスペシャルな日になったので、あ、まだ終わってないや(笑)。これからもっともっとみなさんと良い物を作っていきたいですし、会えるのが“みるじぇね”や映画だけになってきていて…。『SCOOP!』とか『14の夜』というすばらしい映画に出させていただいて、あとゲーム『龍が如く6』買ってね!(笑)  引退した後もこうやって“沖田杏梨”として立たせてもらえる場があるっていうのはすごくありがたいことで、1曲1曲を大事にしていこうと、そして“ゆかり”のある人たち全員を大切にしていこうと思ってます! これからもよろしくお願いします!」と思いの丈を打ち明けた。

「私いつもしゃべれないキャラじゃないんですけどさすがに今日は詰まっちゃいますね…。今日(のワンマンライブのステージ)はやっぱり魔物が住んでいるって分かりました」と弱音を吐く場面も。

12曲目は「HERO」(マライア・キャリー)。圧巻の声量で美声を響かせ、聴き応えのある楽曲で締めくくった。

ステージが終わると、観客席からはフライング気味に「アンコール!」「オキタ!」「アンリ!」の声。

アンコールに応え、ライブTシャツに着替えた沖田が登場し、「CAT WALK」(オリジナル)を熱唱。

MCでは「熱い〜(タオルで汗をぬぐいながら)すごい吸収性の良いタオル!(笑)」とライブグッズをアピール。

「みなさん今日という最高の日をありがとうございました。ぜひまた開催出来るように努力してまいりますので、これからも応援よろしくお願いします! 最後の曲は明るく『Song for the earth』という地球に対する幸せな歌を歌います」と最後の曲紹介。

世界で活躍する彼女のライブの締めくくりにふさわしい壮大な曲「Son for the earth」(オリジナル)を披露し、沖田の“jump”と共に演奏が終わり初ワンマンライブの幕を下ろした。

ライブタイトル「ANRI jump」通り、これからますます飛躍していく女優、アーティストの沖田杏梨の今後の活躍を見守りたい。