写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アシストは、ジェニファーソフトのアプリケーション性能管理ツール「JENNIFER」を利用してWebアプリケーションの稼働状態や性能を診断する「Webアプリケーション現状把握サービス」の無償提供を開始すると発表した。

今回、提供を開始する無償の「Webアプリケーション現状把握サービス」は、JENNIFERを用いて顧客企業のWebアプリケーション環境のモニタリングを2週間実施し、レスポンスの遅延箇所、リソースの負荷状況、現状の問題点や懸念点を見える化するサービス。ブラックボックス化しがちなWebアプリケーションの内部処理や問題点を診断結果レポートとして提示し、Webアプリケーションの遅延箇所の解消や品質改善につなげる。

アシストはWebアプリケーション/サービスの品質向上、運用監視環境の改善を検討している顧客企業に向けて本サービスを積極的に提案するという。

(丸山篤)