元4Minute チョン・ジユン、タイトル曲「ネガヘ」MVを公開“強い意志と希望的なメッセージ”

写真拡大 (全2枚)

「ネガネガヘ(私が私がやる)」

元4Minuteのチョン・ジユンの強い意志が表れ、希望的な雰囲気が感じられる。昨年の冬、Mnet「UNPRETTY RAP STAR 2」で発したこの一言で一躍スターに浮上したチョン・ジユン。グループからソロに活動経路を変えた後、初めて出した1stシングル「昼AND夜」のタイトル曲は「ネガヘ」(私がする) だ。この言葉が彼女のトレードマークになりそうだ。

バトルの序盤、ラップの実力は足りなかったにも、絶望して落ち込むことなく、絶えず努力して実力をつけ、さらに成長した姿を見せた。どんでん返しの歴史を描いた彼女が、ソロ歌手として1人立ちしようとしている。

チョン・ジユンは2日0時、韓国の音楽配信サイトを通じてニューアルバム「昼AND夜」の全曲を公開した。これに先駆けて、自身のInstagram(写真共有SNS) を通じて、タイトル曲「ネガヘ」のMV予告映像を公開し、期待を高めた。

「ネガヘ」はポップR&Bジャンルで、タイトルには二重的な意味が盛り込まれている。“私がする”とは、“あなたの隣でいつも支える”という意味と、“悲しくて辛いのは私がするから、あなたは幸せにいるだけで良い”という意味が隠れているという。

また「UNPRETTY RAP STAR」で話題になったチョン・ジユンの流行語「ネガネガヘ」というラップを思い出させ、さらに聴きたい気持ちにさせる。

二番目の収録曲「磁石」は恋人が磁石のように惹かれ合うという意味を盛り込んだヒップホップ曲だ。ラッパーのOlltiiがフィーチャリングで参加し、曲の完成度を高めた。チョン・ジユンは「ネガヘ」と「磁石」の作詞・作曲に参加し、シンガーソングライターとしての実力を見せつけた。

デビュー7年でそれぞれの道を歩むことになった4Minute。クォン・ソヒョン、ナム・ジヒョン、ホ・ガユンが女優として第2幕を開けた中、キム・ヒョナとチョン・ジユンだけがミュージシャンとしての活動を続ける。