ミュージカル『青春-AOHARU-鉄道』2、出発進行! 高崎翔太×田中涼星インタビュー
日本全国につながる鉄道網…そんな鉄道路線たちを擬人化したユニークなマンガ『青春鉄道(ルビ:あおはるてつどう)』が、2015年秋にミュージカル『青春-AOHARU-鉄道』として舞台化されてから1年。ついに第2弾が11月9日より上演となる。そこで、東武東上線と信越線の2役を演じる高崎翔太と、本作から上越新幹線役で登場する田中涼星にインタビューを敢行した。このふたり、同じ新潟県出身。「〜信越地方よりアイを込めて〜」という副題にふさわしく、本作の見どころから地元愛までたっぷり語ってもらった。

撮影/すずき大すけ ヘアメイク/Emiy【高崎】、さゆ【田中】
取材・文/野口理香子

大先輩たちとの共演に、かなり緊張気味?



――ミュージカル『青春-AOHARU-鉄道』の第2弾が、11月9日より上演されます。まずは現在の心境からお聞かせください。

高崎 先輩たちが大勢出ている作品です。とにかく先輩たちとの共演が楽しくて、初演から出させてもらったんですけど、第2弾からは後輩たちも入ってきたので。頑張らなきゃなって思ってます。

――高崎さんは初演から引き続き東武東上線、そして本作からは信越線役の2役を演じられますね。

高崎 東武東上線に関しては……初演での経験があるので、とくにプレッシャーもなく、何も考えずに入れるかなと思うんですけど、今回は新たに信越線役も演じさてもらうってことで、(田中)涼星とスタートラインは同じ。新しい作品にチャレンジするぞ、という気持ちです。

――田中さんは本作から初参加。2.5次元作品を引っ張ってきた先輩方の中に加わるということで、現在の心境としては?

田中 知ってる先輩方がたくさん出てらっしゃるので、何て言うんですかね、自分もそこに入れるんだ!っていう。すごくワクワクしてます。
高崎 気まずいよね?
田中 気まずくないです!(笑)楽しみでもあり、緊張もありっていう感じですね。みなさんに実際にお会いしたら優しい方々ばかりで、安心しました…。
高崎 最初、めちゃめちゃ緊張したでしょ?
田中 しました。何を話したらいいかわからなくて……。

――田中さんにとって、高崎さんは6つ年上の先輩になるわけですけど、こうしてふたりで取材を受けるっていうのも緊張します?

田中 してます……。
高崎 しないでしょ?(笑)
田中 しますよー!
高崎 オレ、優しいもんね? ちょっと褒めといてもらえる? 記事になるからさ。
田中 はい。翔太さん、サイコー!



――(笑)。田中さんが演じるのは、上越新幹線ですね。

田中 上越新幹線が、原作ファンの方による人気投票で1位を獲ったと知って、急に重荷が……ドスッとかぶさってきて。なので、いろいろとプレッシャーを感じながら稽古に取り組んでいます。

――さきほど高崎さんは、初演の経験があるから今回は東武東上線役にすんなり入れそうとおっしゃっていましたが、初演のときはどうでした?

高崎 初演のときですか。一緒に舞台に立つのが先輩ばかりだったので、逆に好き勝手やろうかなと思ってました。もし僕がスベったり、失敗したりしても、先輩のせいにしようかなっていう部分があったので(笑)。だけど今回は、信越と上越でずっと絡んでるんですよ。あと、ちっちゃい子どもと。

――長野新幹線役の板垣李光人さんのことですね?(笑)

高崎 そうです(笑)。李光人くん。めっちゃ可愛い子です。この3人でずっと絡んでいるので、先輩の立場である僕は失敗できないというか、頑張らなきゃって。

――そういえば先日、声出し可、サイリウム持ち込み可の応援上映イベントに行ってきたんですけど、東武東上線とっても人気でしたよ。

高崎 そうなんですか? なんでだろ、わかりやすいから…?

――秩父鉄道への思いに、みんなキュンとするんじゃないですかね? 東上を応援したい!っていう気持ちが。

高崎 なるほど、女性の恋心みたいな……。そういうところで言うと、今回は李光人くんが人気出るだろうなぁ。
田中 間違いないですね。
高崎 「逃げてー!逃げてー!」って(笑)。信越線が追っかけまわすから。



新潟出身の2人が上京してビックリしたのは…



――長野新幹線を追いかけ回す信越線は、どういうキャラクターなんでしょうか?

高崎 一言でいうと、ショタコン。東上は昔、秩父鉄道に乗り入れていたという過去があるから、秩鉄への思いが強いんですけど、信越が長野上官を好きな理由っていうのがいまいち掴みづらくて……。まぁ単純に、子どもが好きなんでしょうね。あと、上官を恐れず、嫌味を明るく言える性格。割と強気です。

――一方で、田中さんが演じる上越新幹線は……

田中 脱ぎ師です。間違いなく、脱ぎ師です!(笑)

――暑がりなんですよね(笑)。

田中 そうなんです、すぐ脱いじゃう。
高崎 ダメ〜な感じだよね?
田中 ダメ〜な感じです(笑)。上官なのに、下からもイヤミを言われちゃったり、けっこう存在を脅かされることが多くて。なかなかクセのある役です。

――上越新幹線が、ファン人気が高い理由は、どういうところなんでしょうね?

田中 ボンボンなんですよ。昔から「いい子いい子」って育てられて、親のコネで新幹線になって……。その結果、いろんな路線に存在を脅かされることに。そういうダメンズ要素が、見ている人の母性本能をくすぐるんでしょうか?
高崎 ……わかんないよねぇ。
田中 あとは、やっぱり脱ぐところだと思います!(笑)



――おふたりとも新潟出身ですよね。信越線、上越新幹線には思い入れがあったりするものですか…?

田中 上越新幹線は僕自身、ヘビーユーザーです! 実家に帰省するたびに利用してるので。
高崎 僕の実家は、最寄り駅まで歩いて2時間くらいかかるところだったんですよ。だから子どもの頃は電車に乗る機会って、ほぼなかったんですよね。

――新潟の若者はここに行く!みたいな場所というと…

高崎・田中 ドンキホーテ!

――ハモリましたね(笑)。

高崎 ドンキか、ジャスコか。あとは古町(ふるまち/新潟市の中心市街地)。
田中 洋服とか買いに行くのは、古町ですかね。

――おふたりとも18歳で上京されていますが、東京に来た当初は電車の本数やらに驚いたのでは…?

高崎 いや、マジで最初は戸惑った。こんなホーム多いの?みたいな。
田中 僕、渋谷にたどりつけなかったです。違う方面の電車に乗っちゃったりして。
高崎 オレは新宿駅から出られなくなったことある。ヤバくない? あれ。東口とか中央東口とかあるからさ。
田中 いまは携帯アプリに頼ることで、なんとかなってます(笑)。



ラーメン、寿司、満天の星空…地元愛がさく裂!



――おふたりの地元・新潟についてお伺いしたいんですが、「新潟のいいところ・好きなところ」を教えてください。

高崎 新潟は……ラーメンがうまい!
田中 うまいですね。実はラーメン大国なんですよ。

――新潟のラーメンって、どういう特徴があるんでしょうか?

高崎 地域によって、味が違うんですよ。たとえば燕三条だと背脂系。下越だと味噌ラーメン。
田中 甘い味噌ラーメンなんですよね。
高崎 どっちもめっちゃうまいです。

――新潟に住んでいたときは、よくラーメン屋に行ってました?

高崎 めっちゃ行ってました。
田中 行ってました!!
高崎 東京に来たとき、なんでラーメンおいしくないの!?って思ったもん。
田中 実は僕も…思ってました(苦笑)。
高崎 新潟は、基本どこに入ってもうまいもんね?
田中 ホントそうですよね。

――ラーメン以外で、新潟のソウルフードというと…?

田中 「イタリアン」ですかね。
高崎 パスタやピザのことじゃなくて、新潟で「イタリアン」といえば、みかづきっていうレストランのメニューのこと。焼きそばとうどんの中間くらいの太麺と、キャベツともやしを炒めたものに、ミートソースをかけて、白生姜を混ぜながら食べるっていう。

――あ、味が想像できないんですが……。一度食べたらハマってしまう味なんですかね?

高崎 イタリアンはよく食べてましたけど、まぁ……超好き!!ってわけじゃないかな。
田中 そうですか? 僕は好きですよ。
高崎 オレも好きだよ。好きだし、地元に帰ったら必ず食べるんだけどさ(笑)。
田中 新潟に住んでたときは、しょっちゅう食べてたので、特別な思い入れはなかったんですけど、東京に来てからは恋しくなるんですよね。あと、みかづきのソフトクリーム、うまくないですか?
高崎 うまい!! 新潟の道の駅のソフトクリームもおいしいよ! あと新潟は、寿司屋が素晴らしい。一皿100円の回転寿司でも、銀座の寿司屋レベルのおいしさ。
田中 新潟は、魚も米もおいしいですからね。間違いないです。



――食べもの以外に自慢できるものといえば?

田中 星がキレイです。
高崎 あぁ、キレイだよね。ふと見上げたときにビックリする。
田中 高い建物とかネオンとかもないので、星の輝きがすごくキレイに見えるんですよね。

――おふたりは地元に戻ると、方言がつい出たりするものですか…?

高崎 新潟市内は、そんなに方言がきつくないんですけど、でもやっぱりエリアによって違うかも。
田中 「ひゃんで〜」(スゴい)とか「だっけさ」(だからさ)とか使いませんでした?
高崎 使う使う。あと、イントネーションが東京と違うので。「靴」のことを「く↓つ↑」じゃなくて「く↑つ↓」って言ったりとか。
田中 今でもイントネーションは直らないですよね。
高崎 うん、いまだに言われる(笑)。

――今回、新潟にゆかりのある路線を演じるということで、気合いが入りそうですね。

田中 そうですね。やっぱり「新潟の星」って言われてるので。
高崎 そうなんや…?
田中 あ、僕のことじゃないですよ!! 上越新幹線が、です!!(笑)「星」って言われているからには、ちゃんとそれを背負わないと。その覚悟で臨みたいなと思います。



新しい扉&シャツのボタン、全開でいきます!!



――初演を振り返っていただいて、印象的だったエピソードがあれば教えてください。

高崎 僕は歌が苦手なので、歌のシーンにめっちゃ苦戦しました。初演では、(現在は)劇団四季に所属の阿部よしつぐさん(有楽町線役)や歌手として活躍されているKimeruさん(西武池袋線役)とデュエットしたりして……くじ運がなかったと言わざるをえない(笑)。おふたりにはとても助けられましたね。今回も歌があるので……気が重いですが頑張ります(笑)。
田中 僕、地声が低いほうなんですが、高いキーを出せるように頑張りたいなと思ってます。
高崎 一緒に歌うもんね。
田中 はい!

――おふたりは過去に同じ作品に出ていますが、本作が初共演ですよね。田中さんは、高崎さんにお会いして最初、どういう印象でしたか?

高崎 気まずかったでしょ?
田中 ……気まずかったです。いや、それは変な意味じゃなくて! どう接したらいいんだろうっていう。
高崎 それは思うよね。オレもそうだったもん。先輩たちのこと大好きだって思いもあるし、後輩だからってなめられたくないって思いもあるし。
田中 (先輩に)ちょっと踏み込んで話したら、離れていっちゃわないかなーとか。

――高崎さんは初演のとき、気まずかったんですか…?

高崎 気まずかったです。だって、オレも大好きな先輩たちばっかりだったから。めっちゃ見てた人たちだもん。こっちは一方的に知ってるけど、向こうはオレらのことを知らないので、距離感がつかめなくて。



――初演からは、高崎さんの立ち位置が変わりますよね。先輩たちの中で後輩だったのが、今回は先輩としての役回りが……?

高崎 そうですね…。でもまだ、田中としかしゃべってないです(※取材を行ったのは、高崎さんが稽古に加わって2日目のタイミングでした)。

――後輩たちは、高崎さんとしゃべりたいなって思っていると思いますよ…?

高崎 そうなんですかねぇ。ここから、後輩たちと親睦を深めていければ…。

――後輩からどういうふうに話しかけてもらえると、距離が縮まるんですかね? 後輩から一緒にごはん行きましょうって誘われるのはOK?

高崎 いや……。今回はちょっともう、自分のことでいっぱいいっぱいなので……。
田中 これで僕ら後輩は、踏み込めなくなってしまいましたね……(笑)。
高崎 田中とはきょうで仲良しだよ! あ、田中って呼ぶことにしたんです。「田中」顔なのに、みんなから「涼星」って呼ばれてるから。

――(田中顔って……?)

高崎 オレたちふたりのシーンも多いしね。一緒にがんばろう。よろしくね、田中!!
田中 はいっ!!

――最後に、舞台を楽しみに待っているファンの方へメッセージをお願いします!

田中 僕は、いままでとはまったく違うタイプの新しいキャラクターを演じるので、楽しみにしてもらえればと。新しい扉を開きます!!
高崎 シャツのボタンも開けるしね。
田中 はい、開けます!! まさか、2作目の舞台でこのような役をやらせてもうことになるとは思いませんでした…(笑)。
高崎 ラッキーだよ!!
田中 そうですよね!! ぜひ、裸を観に来てください!(笑)
高崎 初演が好評で、こうして続編ができることになって。会場も大きくなって、神戸でも公演できることになって、本当にうれしいです。いい意味で、みなさんの期待を裏切っていければと思っています。スケールアップした“上質”なミュージカルにしますので、ぜひ劇場へお越しください! 頑張ります!



【プロフィール】
高崎翔太(たかさき・しょうた)/1988年9月21日、新潟県出身。A型。2008年、ミュージカル『テニスの王子様』で本格的にデビュー。約2年にわたり青学(せいがく)5代目・菊丸英二役として活動。主な出演作に『あんさんぶるスターズ! オン・ステージ』瀬名 泉役、『おそ松さん on STAGE 〜SIX MEN’S SHOW TIME〜』おそ松役など。
【Twitter】@takasaki_shota

田中涼星(たなか・りょうせい)/1994年12月24日、新潟県出身。O型。ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズンに出演し、青学8代目・乾貞治役として注目を集める。2016年12月21日より、ミュージカル『Dance with Devils〜D.C.〜』にジェキ役で出演。
【Twitter】@ryousei_tanaka


■ミュージカル『青春-AOHARU-鉄道』2〜信越地方よりアイを込めて〜
http://www.marv.jp/special/aoharutetsudou/




■この記事を読んだ人にオススメ!
チアリーディングに初挑戦! 本田礼生×古田一紀×高野 洸 「青春の熱量を感じてほしい」
新たな演劇の“頂”に挑む!! 演劇「ハイキュー!!」須賀健太&木村達成インタビュー
あなたが選ぶのは、ヒトか、アクマか? ミュージカル『Dance with Devils』神永圭佑×山田ジェームス武 インタビュー


★★高崎翔太さん&田中涼星さんのサイン入りポラを抽選で3名様にプレゼント★★

今回インタビューさせていただいた、高崎さん&田中さんのサイン入りポラを抽選で3名様にプレゼント。ご希望の方は、下記の項目をご確認いただいたうえ、奮ってご応募ください。

■応募方法:ライブドアニュースのTwitterアカウント(@livedoornews)をフォロー&以下のツイートをRT


■受付期間:11月8日(火)12:00〜11月14日(月)12:00

■当選者確定フロー
・当選者発表日/2016年11月14日(月)
・当選者発表方法/応募受付終了後、厳正なる抽選を行い、発送先のご連絡 (個人情報の安全な受け渡し) のため、運営スタッフから個別にご連絡をさせていただく形で発表とさせていただきます。
・当選者発表後の流れ/当選者様にはライブドアニュース運営スタッフから11月14日(月)中に、ダイレクトメッセージでご連絡させていただき11月17日(木)までに当選者様からのお返事が確認できない場合は、当選の権利を無効とさせていただきます。

■キャンペーン規約
・複数回応募されても当選確率は上がりません。
・商品発送先は日本国内のみです。
・応募にかかる通信料・通話料などはお客様のご負担となります。
・応募内容、方法に虚偽の記載がある場合や、当方が不正と判断した場合、応募資格を取り消します。
・当選結果に関してのお問い合わせにはお答えすることができません。
・商品の不具合・破損に関する責任は一切負いかねます。
・本キャンペーン当選賞品を、インターネットオークションなどで第三者に転売・譲渡することは禁止しております。
・個人情報の利用に関しましてはこちらをご覧ください。