2日、央視新聞によると、中国重慶市の炭鉱で先月31日に起きたガス爆発事故の救出活動が2日午前4時すぎに終了した。死者は33人に上る。

写真拡大

2016年11月2日、央視新聞によると、中国重慶市の炭鉱で先月31日に起きたガス爆発事故の救出活動が2日午前4時すぎに終了した。

事故は同市永川区の炭鉱で31日午後11時30分頃に起きた。炭鉱内にいた35人のうち2人は救出されたが、その後18人の死亡を確認。2日早朝の発表で「残る15人も発見したが、生存は確認できなかった」と報告され、午前4時頃までにすべての遺体の引き上げが完了した。(翻訳・編集/野谷)