auの人気CM「三太郎シリーズ」の新作「夢のスター」編

写真拡大

KDDIと沖縄セルラーは2016年11月1日から、人気CM「三太郎シリーズ」の新作「夢のスター」編を全国で放送開始した。

auの携帯電話やスマートフォン利用者なら無料で会員になれるプログラム「au STAR(スター)」をPRするため、新CMは制作された。「au STAR」に加入するとさまざまな特典がある。中でも最大の目玉は、利用年数とデータ定額料に応じて「WALLET ポイント」が毎月もらえる「au STARロイヤル」だ。

「ポイントをどんどん貯めてショッピングや電話料金の支払いに使おう!」と視聴者に訴えるのが本来の狙いのはず。ところが本映像は、幼少期の三太郎(桃太郎、浦島太郎、金太郎)の回想シーンから始まる――。

桃ちゃんと浦ちゃんは現実派

「俺、スターになる!」(子ども浦島太郎)
「スター?」(子ども桃太郎)
「俺も一緒になる!」(子ども金太郎)
「じゃ、ボクも!!」(子ども桃太郎)

昔を懐かしみ、「とか言ってたよね」「(スターに)なりたかったな〜」としみじみつぶやく桃太郎と浦島太郎。一方の金太郎は「遅いなんて誰が決めた?」と語り出す。

最初は静かに聞いていた桃太郎と浦島太郎だったが、金太郎のスターへの想いはどんどんヒートアップする。

「スターになって、どんどん有名になって、どんどん稼いでさ。」「どんどんっ!!」

暴走していく金太郎に対し「かねちゃん...!」「かね太郎になってるよ」と2人からのツッコミが入る。そして桃太郎が「金ちゃんだよね?」と心配げに語りかけると、

「ごめん、金ちゃんです!」

と、金太郎は我に返り、いつものひょうきんな笑顔を取り戻すのだった。

スタッフ一同が爆笑した、濱田岳さんのアドリブとは

冒頭のシーン、子ども三太郎の撮影は今回で3度目。すっかり仲良しな3人はいつもの元気な挨拶で現場に入り、撮影の合間も常に仲良く談笑していたという。

そして大人三太郎の撮影では、かぐや姫不在で三太郎のみの桃太郎家という珍しいシチュエーション。金太郎役の濱田岳さんが「どんどん有名になって、どんどん稼いで...」と熱く語るシーンでは、アドリブで力士が四股を踏むようなポーズに。その自然な演技にスタッフ一同爆笑してしまったそうだ。

「au STAR」は3つの特典で構成されている。先述の「au STARロイヤル」のほか、auショップ来店の優先予約が可能になる「au STARパスポート」と、「世界データ定額」24時間分が毎月必ずもらえる「au STARギフト」もある。詳細は公式サイトまで。