横浜市内で活躍するアーティスト、クリエーターのスタジオ約30拠点が参加

写真拡大

公益財団法人、横浜市芸術文化振興財団(アーツコミッション・ヨコハマ)は、アーティストやデザイナーと直接触れ合える街なかフェス「関内外OPEN! 8」を2016年11月5日と6日に、市内の馬車道、元町・中華街、関内、桜木町、石川町各駅周辺のスタジオや路上で開催する。

クリエィティブな仕事に携わる人々のスタジオ訪問

クリエィティブな仕事に携わる人々のスタジオを訪ね、ワークショップやトークショーに参加出来る体験型イベント。「文化芸術創造都市・横浜」で、市民や企業がクリエイターたちと交流を持ち、街を盛り上げていくことを目標としている。

8回目を迎える今年の見どころは、「道路のパークフェス」と「クリエイターとのものづくり体験」だ。今回が初めての開催となる「道路のパークフェス」では、関内のさくら通りを一部封鎖して、路上を公園のように遊ぶ。道路にチョークで絵を描いたり、地産地消の食を楽しめるイベントが行われる予定だ。