写真提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優・神木隆之介主演の映画『3月のライオン』(前編2017年3月18日、後編4月22日公開)の特報と第1弾ポスターが2日、公開された。

同作は、『ハチミツとクローバー』で知られる羽海野チカ氏が漫画誌『ヤングアニマル』(白泉社)で連載している同名コミックを実写化。中学生という若さで棋士としてデビューし、東京の下町で一人暮らしをしている桐山零(神木)を主人公とし、将棋や下町の人々との交流を通じて、心のどこかで空虚を抱えている零がさまざまな思いに直面していく様を描く。

特報では、「若き天才と呼ばれる、17歳のプロ棋士・桐山零。しかし彼には、家も、家族も、居場所も--何もなかった」というナレーションから始まり、神木の演じる零が将棋を指すカット、街を走るカットなど、実際にキャラクターのビジュアルで動く姿がお披露目となった。

また、零に激しく詰め寄る義理の姉・香子(有村架純)、零が心を寄せることになる川本家の姉妹(倉科カナ、清原果耶)、プロ棋士たち(佐々木蔵之助、加瀬亮)、義父(豊川悦司)などの豪華キャスト陣が、原作そのままに動き回る姿を初めて見せた。現在発表になっていないライバルキャラ・二海堂晴信も一瞬登場する。

第1弾ポスターは、東京の街を背景に桜の下で佇む零をメインに据え、各キャラクターの映画ビジュアルが公開された。

(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会