BLACK PINK、9ヶ国のiTunesグローバルアルバムチャートで1位に…驚異のパワーを見せつける

写真拡大

BLACK PINKが韓国を超え、ポップの本場アメリカでも反響を呼んだ。

2ndシングル「SQUARE TWO」を引っさげて活動を再開したBLACK PINKは2日午前8時、米iTunesアルバムジャンル(ダンス) ランキングで1位になり、新人としては異例なことにグローバルな人気を誇っている。

しかもこれはアメリカに限らない。同じ時間に「SQUARE TWO」はスウェーデン、フィンランド、香港、シンガポール、インドネシア、マレーシア、フィリピン、ルーマニア、ベトナムなど計9ヶ国のiTune総合アルバムチャートで1位になっており、アメリカで23位、カナダで20位、スペインで9位、ポーランドで11位、オランダで16位、フランスで21位、イギリスで27位になるなど、北米とヨーロッパでも上位にランクインし、海外での人気を実感させた。

音源と共に公開されたミュージックビデオについての反応も熱い。ダブルタイトル曲「火遊び」と「STAY」のミュージックビデオは同日午前8時、それぞれ再生回数555万2531回と448万3764回を獲得し、計1千3万6295回で公開から1日で再生回数1,000万回を突破し、順調な伸びを見せている。

韓国国内外のランキングを総なめにし、人気を得ている「火遊び」は「SQUARE ONE」で披露した「口笛」と「BOOMBAYAH」とは全く異なるトロピカルジャンルの音楽で突然恋に落ちた少女の気持ちを火遊びに例えた歌詞が印象的だ。また、別の新曲「STAY」はハーモニカの演奏と叙情的なギターの演奏にBLACK PINKメンバーらのボーカルが加わり、感性を刺激する。

BLACK PINKは、2ndシングル「SQUARE TWO」の活動を通じて音楽番組の出演のみならず、バラエティなど、様々な活動を通じてファンと出会う予定だ。