「ワイスピ」監督の手で
ナイト2000がよみがえる! Photo by Araya Diaz/WireImage

写真拡大

 1980年代に大ヒットした米テレビドラマ「ナイトライダー」を、「ワイルド・スピード」シリーズ、「スター・トレック BEYOND」のジャスティン・リン監督がリブートすることになったと、米Deadlineが報じた。

 「ナイトライダー」は、民間の犯罪捜査員マイケル・ナイト(デビッド・ハッセルホフ)が、人工知能を搭載し人間の言葉を話すスーパーカー、ナイト2000とともに事件を解決するアクションドラマで、米国では82年〜86年に全90話を放送。2008年に一度リブートされたものの、1シーズンで打ち切られた経緯がある。今回、新たなリブート版を手掛けるのは、リン監督の製作会社YOMYOMFとNBCユニバーサルで、デジタルネットワークのMachinimaで17年の配信開始を目指しているという。

 「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」(06)から「ワイルド・スピード EURO MISSION」(13)まで「ワイルド・スピード」シリーズを4作品手掛けたリン監督だけに、どんなカーアクションが展開するか楽しみだ。ちなみにリン監督は、アメリカのミニカーブランド「ホットウィール」を題材にした映画企画も準備している。