離婚が成立したマライア・キャリーとニック・キャノン (c)Imagecollect.

写真拡大

歌手のマライア・キャリーとニック・キャノンの離婚が成立した。

マライアは2008年にニックと結婚し、2011年に双子が誕生。しかし、2014年に別居が明らかになり、ニックの浮気が原因なのではないかと噂された。その後は親権を巡って離婚が泥沼化していると伝えられていた。

そして、そんなマライアとニックの離婚が最近成立していたことが分かったとゴシップサイト「ETオンライン」は伝えた。マライアは先月末に今年1月に婚約した実業家のジェームズ・パッカー氏との破局が明らかになり、ニックとの離婚はパッカー氏と破局する少し前に成立していたそうだ。代理人は2人の破局報道に対して、今年9月に行ったギリシャでのバケーションのけんか以来会っていないと明かし、「今はこれからも一緒にいるか分かりません。話し合いをしていて、彼らの未来について正式な表明文を出す予定です」とコメントしていた。しかし、関係者は2人はすでに破局していて、やり直すのは難しいと話している。

とはいえマライアは先日、ニックと双子の娘と息子と親子4人でハロウィンの仮装をしている写真をインスタグラムに公開し、元夫ニックとの関係は良好な様子。離婚をしても一緒に子育てを続けていくことは変わらなさそうだ。【馬場 かんな】