水のチカラ+掃除機の吸引力でカーペットを“水洗い”

写真拡大

総合家電の卸し事業を行っているシリウス(東京都台東区)は、水を噴射して汚れを落とす掃除機用クリーナーヘッド「switle(スイトル)」を開発し、クラウドファンディングサイト「kibidango」で2016年10月25日から12月21日午後11時59分までの間、先行予約を受け付けている。発送は17年4月以降の予定。

ペットボトル1本分の水で最長3分のスポット・クリーニング

国内メーカーなどのキャニスター型掃除機(スティッククリーナーやロボット掃除機は不可)に付属のホースをつないで取り付けることで、コーヒーやソース、醤油、ジャム、ペットの粗相など、通常掃除機では吸えない液状の汚れを水洗い掃除できる。

特許技術の噴射するノズル部分とタンク上部の「逆噴射ターボファンユニット」により汚水と空気を完全分離し、掃除機の吸引力だけで"水の噴射"と"吸い取る"を同時に実現。ペットボトル1本分(500ミリリットル)の水で最長3分のスポット・クリーニングが可能だ。水が掃除機本体に流入しないようホース部分に安全装置を施す。

価格は2万1384円(税込)。

なお、「kibidango」クラウドファンディングでは早期予約特典やまとめ買い10個セットなどのコースを用意している。