写真提供:マイナビニュース

写真拡大

インテリジェンスは11月2日、「働きたい街ランキング2016」の結果を発表した。同調査は関東(東京・神奈川・千葉・埼玉)、関西(滋賀・兵庫・京都・大阪・奈良・和歌山)、東海(愛知・三重・岐阜・静岡)に住む20歳〜59歳の男女を対象に、ネットリサーチ会社によるインターネット調査で行われた。有効回答数は1万4,834件(関東7,793件、関西4,022件、東海3,019件)。

「働きたい街ランキング」の評価は、「関東に住む人が選んだ、関東の働きたい街」「関西に住む人が選んだ、関西の働きたい街」「東海に住む人が選んだ、東海の働きたい街」の回答を、各1点として集計している。

「働きたい街ランキング」の結果をみると、関東では「東京」(589点)が1位だった。次いで2位は「新宿」(389点)、3位は「横浜」(260点)。以降、4位「渋谷」(181点)、5位「池袋」(177点)となった。

関西の1位は「大阪・梅田」(488点)だった。2位は「天王寺」(121点)、3位は「神戸」(119点)。以降、4位「京都」(108点)、5位「京橋」(77点)と続いた。

東海では、「名古屋」(615点)が1位に。次いで2位は「金山(愛知県)」(138点)、3位は「栄(愛知県)」(100点)。以降、4位「岐阜」(64点)、5位「静岡」(60点)となった。