日産ノートが2016年11月2日に一部改良を受けました。最大のトピックスは、今年の夏時点で投入が明らかにされていた「e-POWER」。

1

日産では、従来の駆動方式とは一線を画す新しい電動パワートレーンとしていますが、シリーズハイブリッドを改良(強化)しているのが特徴。ガソリンエンジンで直接駆動せずに、エンジンにより発電した電力を使ってモーターの力で走行するというもの。

従来のピュアEVでは年々延長しているとはいえ、航続可能距離にやや不安も残りますが、100%モーター駆動ならでは力強い走り、そして高い静粛性を実現しながら41Lのタンクに給油できれば(37.2km/Lの「e-POWER S」は35L)走り続けることができます。

通常の発進や走行時には、エンジンが停止したまま高電圧バッテリーからの電力だけで静かに力強く発進可能。バッテリー残量や車速に応じてエンジンが始動し、エンジン音が気にならない回転数に制御しながら充電を行ないます。


また、急加速や登坂時などには、バッテリーからの電力に加えて、エンジンで発電した電力も直接駆動モーターに供給されるのも特徴。

減速時にはエンジンを停止し、回生発電した電力を高電圧バッテリーに充電し、停車寸前まで回生が行なわれるため減速エネルギーが無駄になりません。

レンジエクステンダー付EVとの違いは、外部電力からの充電が不要な点で、通常のガソリンエンジン車やハイブリッド車と同様に、ガソリンの給油のみで走ります。

また、「e-POWER」にはよりスポーティな走りを実現したという「ノート e-POWER NISMO」も今冬に発表される予定。

ノート・シリーズの価格帯は、139万3200円〜224万4240円。e-POWERの価格帯は177万2280円〜224万4240円です。

(文/塚田勝弘 写真/小林和久)

モーターの力だけで走るハイブリッド、日産ノート「e-POWER」の価格は177万2280円〜、燃費はリッター34.0〜37.2キロ(http://clicccar.com/2016/11/02/413592/)