写真提供:マイナビニュース

写真拡大

2D/3D、VR/ARとジャンルを問わずに迫力あるゲーム開発を可能とする「Unity」を提供するUnity Technologiesは2日、米国ロサンゼルスで開催されているイベント「UNITE Los Angeles」において、Unity Asset Storeのアフィリエイトプログラムの提供を発表した。

Unityは、パーソナルコンピュータからゲーム機にモバイルまで非常に幅広いプラットフォームに対応したゲーム開発をJavaScriptやC#などをベースに行え、世界規模で開発者が広がっている。Unity Asset Storeは、ゲーム開発など使用できる3Dモデルやテクスチャなどのマテリアル、スクリプトパッケージやチュートリアルなどが売買できるマーケットプレイスになる。

今回発表されたアフィリエイトプログラムは、ブログやソーシャルメディアに埋め込み可能なリンクを通じて発生した販売に対するアフィリエイト報酬を得られる。Unity Affiliateプログラム公式ページではアフィリエイトプログラムへの参加の募集を行っている。

UNITE Los Angelesでは、12月配信予定の任天堂「Super Mario Run」がUnityを使って開発されていることも発表されており、同社は「30年以上前に誕生し、今でも愛され続けるマリオを、任天堂がスマートデバイスのゲームで 新しく、楽しく、美しいグラフィックスで表現するための開発環境としてUnityが採用されたことは、ユニティ・テクノロジーズにとって大きな喜びです。」とのコメントも出している。

(長岡弥太郎)