写真提供:マイナビニュース

写真拡大

三越伊勢丹ホールディングスは、三越伊勢丹がアリババグループが運営する越境ECサイト「天猫国際」に、日本の百貨店業として初めて、11月下旬に本格参入すると発表した。

三越伊勢丹グループ店舗では、毎日海外からの顧客が多数来店し、2016年上期の免税売上高が2013年上期と比較して約3.7倍に伸びており、中でも中国顧客がその約7割を占めるという。そのため同社では、日本で買い物した顧客との継続的な関係構築に加え、中国での新たな顧客開拓をも視野に入れ、天猫国際へ戦略的パートナーとして参加することにしたという。

天猫国際では、三越伊勢丹グループ独自商品を中心に日本の高品質商品中心の品ぞろえ、現地店舗や国内店舗への連携や中国でのマーケティングノウハウ蓄積につなげていくという。

販売カテゴリは、婦人、紳士、子供のファッション衣料、雑貨、化粧品、食品およびリビング用品等、数百型から開始し、2017年春以降は、デザイナーとのコラボレーション企画をはじめ、ブランド、アイテムの増加を予定しているという。

さらに今後は、修理加工といったアフターケア、商品を手にとって体験できるポップアップショップをはじめとするプロモーション等、現地のグループ店舗ネットワークを活かした三越伊勢丹ブランドならではのサービスを提供していくとしている。

(丸山篤)