1日、東シナ海で中国がガス田掘削を行っているとして日本が抗議したのを受け、中国外交部は「正当な活動」と反論した。

写真拡大

2016年11月1日、東シナ海で中国がガス田掘削を行っているとして日本が抗議したのを受け、中国外交部は「正当な活動」と反論した。中国外交部の公式サイトが伝えた。

1日、岸田文雄外相は会見で、東シナ海の中国側の海域で、「何らかの作業を行っている」と明らかにし、「一方的な開発に向けた行為を継続しているのは極めて遺憾だ」と述べ、中国に抗議したという。

これについて意見を聞かれた中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は1日の定例記者会見で、「この問題について中国は何度も立場を表明してきた。東シナ海におけるガス田関連の活動はいずれも中国海域内で行っており、中国の正当な活動をとやかく言われたくはない。日本が中国の主権や権利を尊重することを望んでいる」と反論した。(翻訳・編集/内山)