アニメ「ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校」で主人公ら烏野高校排球部の前に立ちふさがる白鳥沢学園高校バレーボール部主将・牛島若利を演じる声優の竹内良太にインタビュー!

写真拡大

テレビアニメ、劇場アニメなど、この秋話題の新作アニメに注目し、出演者のインタビューを通して作品やキャスト・スタッフの魅力を紹介する。

【写真を見る】牛島のように堂々としたポーズを取る竹内。インタビューその1では、キャラクターの印象や共演者について、収録の様子などを聞いた

TBSほかで放送中のアニメ「ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校」(毎週金曜夜1:55-2:25ほか)は、バレーボールに青春を懸ける男子高校生たちの姿を描くアニメ第3期。

高校1年生の日向翔陽(CV.村瀬歩)や影山飛雄(CV.石川界人)が所属する烏野高校排球部は、宮城県代表決定戦に出場しライバル校と熱戦を繰り広げる。因縁の宿敵・青葉城西を破った烏野は決勝戦へと駒を進め、今大会の最強チームと目される白鳥沢学園高校と激突する。

本作で、主人公ら烏野高校排球部の前に立ちふさがる強敵、白鳥沢学園高校バレーボール部主将・牛島若利を演じる声優の竹内良太にインタビュー。その1では、キャラクターの印象や共演者について、収録の様子などを聞いた。

――1期から登場していたキャラクターですが、本作で主人公らのライバルとして出演するにあたっての感想を教えてください。

2期までは日向や影山にまつわるエピソードがメインで、3期ではそんな2人と試合で戦えるということで期待していました。牛島としては、たいして強敵と言えない2人に“何とも言えない嫌な気持ち”にさせられるという、初めての感覚が烏野の試合で生まれてくることになるので、そこを意識して演じています。

――では、ご自身が演じるキャラクターの印象を教えてください。

天然で真面目で、プライベートでも喜怒哀楽がはっきりと出ないタイプだと思いますが、周りが放っておけない憎めないキャラクターだと感じました。そのギャップがかわいくて魅力の一つだと思いますし、試合の合間にチームメートと話しているシーンでもそこが見えると思います。皆さんがこれまで抱いてきた“強い”というイメージだけではない、牛島の素の部分を感じてもらいたいです。

――牛島以外で気になるキャラクターはいますか?

烏野だと月島です。烏野随一のクールさを持ち、主力が戦う試合を冷静に分析していて、牛島的にも嫌なプレースタイルなので注意しなければならない相手ですね。最初は日向や影山との対戦を期待していただけに、月島の思慮深さは白鳥沢にとって脅威になると思わせる存在ということでも注目しています。

白鳥沢では、天童ですね!(木村)昴くんのお芝居とともに、とてもトリッキーなキャラクターになっています。牛島とのキャラクターのギャップ、普段の性格とプレースタイルとのギャップなど、天童は二面性があって面白いと思います。

――そうなんですね。木村さんのお芝居気になります!

天童は何をするのか分からないので、収録でも昴くんが何をしてくるのか気になります(笑)。あと、五色を演じる土屋(神葉)さんの演技にも注目しています。3年生の牛島に対して闘志を燃やす五色の熱量は、1年生らしく初々しいですし、イケイケな部分やかわいげがあります。土屋さんの演技もフレッシュで、どんなせりふでどんな感情が出てくるのか、つい見てしまいますね。

――キャラクターらしさが収録でも表れているんですね。

そうですね。一丸となったチームプレーの烏野に対して、白鳥沢は個々の力でぶつかっていくような、プレースタイルの違う者同士の戦いの雰囲気が収録していても感じられます。共演者同士は和気あいあいとしていますが、試合のシーンは緊張感があって、前半が終わる頃には息が「ゼーハー」して疲れ切っていることもありますね。そんな中でも、みんながキャラクター個々の思いを持って演じているので、その思いが垣間見える試合展開になっています。1期から勝ち進んできた烏野は演技面でも気迫がすごいので、そのお芝居を聞きつつ負けないように意識して演じています。

【「新作アニメ、声優インタビュー!<竹内良太>その2」へ続く】