カプセルトイにしてこの渋さ

写真拡大

エポック社のカプセルトイから「人力車」のミニチュアが登場した。カプセルトイとは思えない超渋いアイテムだ。

外国人ウケを狙った高級路線のシリーズ

組み立てると横幅14cmほど、カプセルトイとしては大きめのミニチュアが完成する。ベースの型は同じで、カラーと車体の側面に描かれた模様が異なる4種類のバリエーションを揃えた。価格は1個400円と同社のカプセルトイとしては高めの設定で、POPのデザインもいたってシンプル。エポック社によると、この商品は特に外国人観光客向けの需要を狙い、和を感じる高級路線のシリーズとして発売したという。

一つ買うと「梅」が出てきた。座席部分が梅色で、車体は黒と金色で塗り分けた蒔絵のような高級感ある配色になっている。車体の側面には金色の梅模様が施されている。

他社製品の可動式フィギュアを座らせてみた。1/16スケールくらいのサイズと相性が良さそうだ。写真をヴィンテージ加工すると、明治期あたりに撮られたセピア写真っぽくなってさらにグッド。

高いクオリティは日本人にもウケたようだ。ツイッターではお気に入りのフィギュアを座らせた写真が大量に投稿され

「400円でこのクオリティはいい!!」
「クオリティかなり高いので多少工夫すれば面白いことになるな」
「浅草で撮影したい感じ」

と好評だ。