イ・ゲイン、結婚詐欺に遭った過去を告白「元妻が10年間、男と同居していた」

写真拡大

イ・ゲインが過去、結婚詐欺で傷ついた事実について言及した。

イ・ゲインが、最近韓国で放送されたMBN「達人の秘法−黄金の卵」で、「僕は“離婚”という言葉を聞くと悪夢を思い出す。もちろん離婚するのは大丈夫だ。しかし僕は因縁ではなく悪縁だった」と話した。

イ・ゲインは「僕が結婚詐欺を受けたと話したら、誰も信じてくれないだろう。初めて結婚する当時、事実婚関係だったが、婚姻届は提出しなかった。しかしある日から妻が家に帰ってこなかった。当時、義母と呼んでいた人に聞いてみても『知人の家に行った』『友人の家に行った』と話すだけだった」と当時を思い出した。

続いて彼は、「そのような僕の姿を不憫に感じたのか、妻の甥がある日、泣きながら僕のところを訪れた。『叔母はとても悪い人だ。実は叔母が男と10年間、同居している』と話した」と告白し、出演者たちを驚かせた。

イ・ゲインは「調べてみたら、妻は一緒に住んでいた男が不渡りを出し、経済的な理由で僕と結婚したのだ。衝撃を受けた。僕は警察に捜査を依頼し、結局追跡して彼らは捕まった。しかしその男が僕に頼んだ。『あの女が僕の人生において最後の希望だ』と話し、許してほしいと頼んできた。その姿を見て、家に帰って大泣きした」と話した。

また彼は、「その事件後、最も辛かったのは離婚の責任を僕が負わなければならなかったという事実だ。芸能人だったから…僕が作品でも悪い役割を演じたから、周りの人たちは僕に問題があって離婚したはずだと思っていた。『誰があんな人と一緒に住むことができるだろう』と話した」と付け加えた。

イ・ゲインはこの日の放送で、再婚後の幸せな結婚生活に対しても話した。