「ライオンのグータッチ」で安藤美姫選手(右)がテレビカメラの前で指導者姿を初披露

写真拡大

フジテレビ系のドキュメントバラエティー「ライオンのグータッチ」(毎週土曜朝9:55-10:25)に、プロフィギュアスケーターの安藤美姫選手が出演。11歳のスケート少女を指導し、指導者としての姿をテレビカメラの前で初披露する。

【写真を見る】リンクで指導をする安藤選手

安藤選手は、一生懸命打ち込んでいるのに結果を出せない子供たちを指導する“グータッチサポーター”として登場。4回にわたって埼玉のスケートリンクを訪れ、基本のスケーティングからジャンプに至るまで熱心に指導する。

また、スタジオでは佐藤隆太、博多大吉、乃木坂46・西野七瀬が、その様子を見守る。

このフィギュアスケート企画は11月5日(土)から全5週放送予定となっている。

■安藤美姫選手コメント

9才でスケートを始めた頃からコーチに憧れていたので、今こうしていろいろな方に教える機会に恵まれてうれしいです。このお話をいただいたときは、短時間の指導なのでどれだけ教えられるか、ハードルは高いと感じましたが、子供たちに夢を与えられるすてきな企画だと思いお受けしました。

テレビカメラの前で子供を指導するのは初めてでしたが、リンクに立ったらカメラの事は忘れてしまいました。短期間で人ってこんなに成長できるんだということをスポーツは伝える力があると、今回のお仕事を通して私自身が再認識できました。