31日、捜狐汽車は、日本でよく売れる自動車が中国では鳴かず飛ばずである理由について分析した記事を掲載した。写真は中国の道路。

写真拡大

2016年10月31日、捜狐汽車は、日本でよく売れる自動車が中国では鳴かず飛ばずである理由について分析した記事を掲載した。

高級車やSUVが人気の中国に対して、日本ではミニバンや小型車が人気だ。日本の自動車メーカーの技術力は中国でも高く評価されているが、日本で人気の車種が中国で人気がないのはなぜか。

記事はその理由について、「中国ではSUVが人気絶頂であること」「中国の消費者にとって自動車を購入することは依然として富の象徴であるが、日本では市場が成熟し、実用性がより重視されていること」「日本人は比較的細やかだが、中国人はメンツが大事で、より大きくより強いものを良しとすること」「日本は80〜90年代に渋滞に悩まされてきた経験があるが、中国人はまだ日本人ほど交通について理解が深くないこと」の4つを挙げている。

記事は、日本とは状況や文化が異なるため、今後20年は日本市場とは異なる流れになるだろうと分析。上海や北京といった大都市では理性を保った消費に移行し、日本などと同じような傾向を示すかもしれないが、地方都市ではSUVの人気が今後も続いていくとの見方を示している。(翻訳・編集/北田)