「真麻のドドンパッ!」MCの高橋真麻

写真拡大

BS日テレで10月からスタートした情報エンタメ番組「真麻のドドンパッ!」(毎週月〜金曜朝11:00-11:55)で、MCを務める高橋真麻を直撃!

【写真を見る】「“昼カラッ”は一緒に歌っていただければ」と高橋

――この番組のお話を聞いたときのお気持ちを教えてください。

前身といっていいか分らないのですが、NOTTVで放送していた「真麻の部屋へようこそ!」でご一緒したプロデューサーさんが番組が終了するときに「必ずいつか復活させたい」と仰っていたので、「あ、ついにこの機会がきたんだ」という思いでした。

でもまさかBS日テレさんで、しかもそれが帯という形になるとは思わなかったので、ありがたいお話だなと思いました。テレビに出る人間として、自分の冠番組で、しかも名前が付いた帯番組を持てるというのはとてもありがたいことなので、楽しんでいただける番組を作りたいです。

――曜日ごとのコーナーや、毎日のトークコーナーなど、内容が盛りだくさんですが、楽しみにしているコーナーはありますか?

人の食卓がどうなのか、とても興味があるので、月曜日のヨネスケ師匠の「隣の晩ごはん」ですね。「普通の日にこんなにすごいもの作っているの!?」というパターンもあればきょうもVTRを見ていて、焼き豚がおいしそうだったのでちょっとチャレンジしてみようと思いました。金曜日の平野レミさんのお料理レシピ(「平野レミ・明日香の嫁姑クッキングバトル」)も、とても分かりやすいです!

私はこれまで99%外食で、「自炊をしなきゃ」と思ってキッチンを片付けたところだったので、レミさんと(和田)明日香さんのレシピも参考にしていきたいなと思います。料理って、視聴者の方たち、特に奥さま方には毎日のことですから、少しでも献立の参考になればいいなと思っています。

――水曜日には、お父さまの高橋英樹さんが出演されるコーナーもありますがいかがですか?

父親である高橋英樹が72歳でありながらロケに行ってくれています。「高橋英樹の日本史侍」、大変ありがたいなと思っております。“それぞれの現場でプロ意識を持ってやる”ことは暗黙の了解なので、特に互いの話はそんなにしないのですが、親子として純粋に「帯番組ができて良かったね」というような話はしました。

――トークコーナーに来ていただきたい方はいますか?

昭和の時代に活躍された方、今が旬の方、いろんな方に会ってみたいです。あ、いとうあさこさんが学校の先輩で仲良くしてくださってるので、あさこさんや、他の女性アナの方とかと女子会っぽいのもやりたいですね。気を使わなくて良さそうなので(笑)。

――アナウンサーの先輩の方とかいかがでしょう?

いらっしゃったらすごく気を使います!(笑) この番組はどちらかというとバラエティー寄りのタレントとしての仕事なので、言葉遣いがちょっと乱れたり、リアクションもアナウンサーぽくなくなっているので。「もう少しきちんとした話し方をしなさい」って注意されそうで、緊張しますね(笑)。

あとは、基本的に私はイケメンとか興味がなくて、人のことを見た目で選ばないタイプなんですが、最近たまに格好良い方にお会いすると「やっぱり格好良い! 目の保養になる!」と思うようになってきたので(笑)。

いわゆるイケメンといわれる方々にもお会いしてみたいですし、お笑いの方も大好きなので、芸人さんたちが来てくださったらうれしいです!

――毎日のコーナー「真麻と昼カラッ」では歌声も披露されて、斬新な企画だと思いましたが、いかがですか?

謎なコーナーですよね(笑)。私もビックリしましたが、「エンドロールの後ろに流れている曲だ」くらいの感じで聞いていただけたら(笑)。毎週月曜は「東京ドドンパ娘」という歌を歌ってます。やっぱり歌うと元気になりますし、なかなかおうちにいると歌うことってないと思うので、健康法の一つだと思って、朝から一緒に歌ってほしいです! 歌う曲がだんだんなくなってくると思うので、ぜひリクエストもいただけたらうれしいです。

――最後に、読者の皆さんに一言お願いします!

とにかく盛りだくさんの番組です。もちろん全部見ていただきたいんですが、仮に用事があったり、寝坊したり…全部見られなかったとしても、どの部分を見ても楽しんでいただける番組になっています。

ぜひ朝11時になったらBS日テレのボタンを押していただけるように番組が浸透するといいなぁと思っていますので、よろしくお願いします!