「デスノート」死神リュークがまさかのPPAP

写真拡大

映画「デスノート」に登場する人気キャラクター、死神のリュークが、世界を席巻しているピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」をリズミカルに踊る衝撃映像がYouTubeで公開された(https://www.youtube.com/watch?v=5Ens7TZzgG0)。

YouTubeの週間再生回数ランキングで世界一という快挙を達成し、先日は米ビルボード誌の「THE HOT 100」にチャートインした最も短い曲としてギネス記録に認定されるなど、世界レベルの話題が続く「PPAP」。

そんな人間界のただならぬ熱狂を察知した、「アッポー(りんご)」が大好きで、デスノートに書くために「ペン」も持っているリュークが、死神界を代表してカバー動画を公開した。ピコ太郎のリズミカルな腰の動かし方など、詳細まで完璧に再現した完成度の高い「PPAP」を披露している。

さらに、このリュークの「PPAP」映像に対して、ピコ太郎本人からの喜びのコメント動画(https://www.youtube.com/watch?v=sYJsgX3iGRw)も到着。動画の中でピコ太郎は「デスノートのリュークがPPAPを踊ってくれる。見ました。びっくりしました。すごい」「私はデスノート大好きでして、本当に4巻、8巻、6巻、何回も読みました。偶数が好きなんですね」などと語っている。映画「デスノート Light up the NEW world」は全国大ヒット公開中。