31日、駐日中国大使館の張梅広報担当参事官は記者会見し、中国経済について「すべての経済指標が安定的に推移している」と指摘。「IT(情報技術)など付加価値の高いサービス分野が拡大し、消費が引き続き上昇しており、中高速経済成長を維持している」と述べた。

写真拡大

2016年10月31日、駐日中国大使館の張梅広報担当参事官は記者会見し、中国経済について「国内総生産(GNP)が6%台後半、消費者物価(CPI)上昇率が2%台、失業率5%台前半、貿易収支が黒字確保―とすべての経済指標が安定的に推移している」と指摘。その上で、IT(情報技術)など付加価値の高いサービス分野が拡大し、消費が引き続き上昇しており、中高速経済成長を維持している」と述べた。

【その他の写真】

中国国家統計局と中国物流購入連合会が発表した10月の製造業PMIは51.2となり、前月から0.8ポイント上昇した。50を3カ月連続で上回り、14年7月以来の高水準。市場予想の中心(50.3)も大きく上回った。非製造業PMIは54.0と前月から0.3ポイント上昇し、10カ月ぶりの高水準となった。

また、同参事官は、日本が主催国となる日中韓3カ国首脳会談の開催日程について、「3カ国間で協議中で、年内の開催を希望している」と述べた。(八牧浩行)