イェソン&佐々木希

写真拡大

 「SUPER JUNIOR」のイェソンが、女優・佐々木希との共演で日本映画初出演にして初主演を飾った映画「いきなり先生になったボクが彼女に恋をした」が、11月3日に公開される。日本語と韓国語での演技に挑んだ2人が、今作と互いの魅力を語った。(取材・文/編集部、写真/余澄)

映画は、「釣りバカ日誌」シリーズや「愛を積むひと」などで知られる朝原雄三監督がメガホンをとったロマンティックコメディ。沖縄出張中に会社が倒産し、彼女にも振られた気弱な青年ヨンウン(イェソン)と、旅行会社に勤め、韓国語を習得しなければクビという崖っぷちのシングルマザー・さくら(佐々木)が、様々なアクシデントを通じて恋に落ちるさまを描いた。

外国語での演技は「大きな課題でした」と口をそろえる2人。イェソンは、「ぎこちない演技をしないように、自分以外のセリフもしっかりと覚えた状態で撮影に臨んだ」といい、その甲斐あって「楽しく撮影ができたし、日本の文化についても知ることができたので、とても良い経験になりました」と安堵の表情を見せる。一方の佐々木も、1カ月弱で韓国語のセリフをマスターし、「ちょっとしたイントネーションなどは現場で先生やイェソンさんに教えていただきました」と女優魂を見せ付けた。

すべてを失った青年と気丈に生きるシングルマザーの恋。コメディらしからぬシリアスな役どころに、2人はどのように向き合ったのだろうか。

イェソン「僕の本来の姿が半分、設定して作り上げた部分が半分でした。シリアスなキャラクターの人でも面白いところがあったり、間の抜けているような人にも純粋なところを感じたりする。そういうところを自然に見せようといろんな表現をしてみました」
佐々木「自分の母親を思い浮かべながら演じました。『負けないぞ』という強い気持ちで育てていくイメージを膨らませて、自分がそういう状況だったらどうだろうと考えました」

主演という大役を担ったイェソンだが、「撮影しながらまったく息苦しさを感じることがなくて、沖縄にいるというだけでも重い気持ちが払拭されるような感じでした」と、ロケ地となった沖縄という土地が重圧から開放してくれたと語る。佐々木は、そんなイェソンの現場での様子を「責任やプレッシャーも感じているはずなのに、現場ですごく気使いができて、冗談も言ってくださいました。コミュニケーションを積極的に取ってくださって、楽しかったです」と振り返る。

佐々木の言葉に、イェソンは「こんなに美しい佐々木さんと撮影ができたのは本当に幸せ。気さくでサバサバとしていらっしゃったので、一緒にいて楽しかった。妹がひとりできたような気持ちでした」とニッコリ。照れる佐々木と盛り上がり、“グータッチ”をするなど、本当の兄妹のような仲の良さをうかがわせた。

お気に入りのシーンは「2人で(さくらの手作りの)お弁当を食べるシーン」とほほ笑む佐々木だが、撮影時は苦労の連続だったと明かす。ロケは凍えるほどの寒さのなか薄着で行われ、「2人で『寒い、寒い』と言っていました」(佐々木)、「体にホッカイロをたくさん貼っていました」(イェソン)と互いを労うように顔を見合わせる。続けて佐々木は、「イェソンさんのファンの方がたくさんいる前でのお芝居だったんですよ(笑)」と暴露し、人気者の“兄”を照れさせた。

さらに、佐々木が「軽やかなコメディ。沖縄の魅力がぎゅっと詰まっています!」と映画をアピールすると、「ホントに!?」とイェソンが茶目っ気たっぷりに日本語でからかう場面も。劇中の気弱な青年とは真逆の姿に、佐々木が「本当だよ! 本当に日本語が上手(笑)」と拗ねて見せ、和気あいあいとした雰囲気をかもし出す。国境を越えて絆を深めた2人から、沖縄のあたたかな空気が感じられた。