ディズニーが「白雪姫」の実写版製作へ

写真拡大

ディズニーが「白雪姫」の実写版を製作することがわかった。

「ガール・オン・ザ・トレイン」のエリン・クレシダ・ウィルソンが同作の脚本家を務めるべく現在交渉が行われており、劇中の曲はすべて新しいものになるという。

ザ・ハリウッド・レポーターによると、ソングライターのベンジ・パセックとジャスティン・ポールが楽曲担当、「メリー・ポピンズ・リターンズ」のマーク・プラットがプロデューサーを務めるようだ。

オリジナル作品のアニメ版「白雪姫」は1937年公開作品。79年間の時を経て実写版製作が動き出したことになる。

アニメ版「白雪姫」は第10回アカデミー賞で作曲賞にノミネートされており、2008年にはアメリカン・フィルム・インスティテュートにより“至上最高の米国アニメ映画”に選ばれていた。

これまでに「白雪姫」を基にした数々の作品が世に送り出されており、2012年「白雪姫と鏡の女王」ではリリー・コリンズが白雪姫、ジュリア・ロバーツが悪魔のような継母のクレメンティアナ女王を演じていた。

同年にはクリステン・スチュワートが白雪姫、シャーリーズ・セロンが邪悪な女王ラヴェンナ、クリス・ヘムズワースが猟師エリックを演じた「スノーホワイト」も公開されている。