31日、12月公開のジャッキー・チェンの最新作「鉄道飛虎」(Railroad Tigers)から、機関車でのアクションシーンに特化したトレイラーとインタビュー映像が公開された。

写真拡大

2016年10月31日、12月公開のジャッキー・チェン(成龍)の最新作「鉄道飛虎」(Railroad Tigers)から、機関車でのアクションシーンに特化したトレイラーとインタビュー映像が公開された。新浪が伝えた。

【その他の写真】

ジャッキー・チェンの抗日映画として話題の「鉄道飛虎」。第2次世界大戦下の中国を舞台に、日本軍を襲撃するため、鉄道労働者や一般市民によって組織されたゲリラ隊「鉄道遊撃隊」をコメディータッチで描く作品だ。中国では今年12月30日から公開予定となっている。

ジャッキー・チェンのアクション映画と言えば、さまざまな大道具を使った派手なアクションが大きな見どころだ。「鉄道飛虎」はそのタイトルが示すとおり、走る機関車でのアクションシーンが最大の見どころ。31日に公開された最新トレイラーでは撮影風景の一部を見ることができ、竹ざおやはしご、さらにスケートボードのような小道具を使って機関車に飛び乗る場面が確認できる。

機関車アクションの撮影は昨年12月、遼寧省鉄峰市で行われた。もうもうと白煙を上げる迫力バツグンの機関車を撮るため、極寒期を選んでいる。氷点下20度の寒さの中、重量100トンの機関車の上でのアクションシーンは、危険かつ過酷なものだった。ジャッキーによると、実は衣装の下には、全身に使い捨てカイロを貼っていたという。「鉄道遊撃隊」メンバーの一人を演じた人気アイドルのタオ(黄子韜/ホアン・ズータオ)は、「手で車体を触ると、冷たいよりも痛かった」と語っている。(翻訳・編集/Mathilda)