杉咲花(左)と原作カット(右) (C)沙村広明/講談社 (C) 2017映画「無限の住人」製作委員会

写真拡大

木村拓哉が三池崇史監督と初タッグを組み、同名カリスマコミックを実写映画化する『無限の住人』。この映画のヒロイン・浅野凜(あさの・りん)役に、朝ドラ『とと姉ちゃん』で高畑充希演じる主人公・常子の妹・美子を好演し、国民的女優への階段を登りはじめた注目の若手女優・杉咲花が出演することがわかった。

木村拓哉が三池崇史監督と初タッグで不老不死の肉体を与えられた侍役に!

本作は、沙村広明が1993年から2012年に「月刊アフタヌーン」で連載し、圧倒的な画力と斬新な殺陣描写で話題を呼び、累計発行部数750万部突破を誇る「無限の住人」の映画化作品。

木村が演じる主人公の万次は“百人斬り”と恐れられた伝説の侍で、罠にはめられ、唯一の肉親である妹を眼前で殺されたことから生きる意味を失ってしまう。そんな矢先に謎の老婆が現れ、無理矢理不老不死の肉体を与えられた彼は、斬られても傷は再生し、死にたくても死ねない、無限の命を生きることになる。

今回、杉咲が演じる浅野凜は、謎の剣客集団・逸刀流(いっとうりゅう)に両親を殺された少女。自身の命を懸けて仇討ちを決意した彼女は、不死身の体を持つ男・万次に用心棒を依頼。かつての亡き妹に似ているその姿に、しぶしぶながら依頼を受けた万次だったが、それは、不死身の万次をも追いこむ予想外の戦いの始まりだったというストーリーだ。

杉咲は、自身が演じる浅野凜について「すごく弱くて強い人。一人では何もできないけど、できるように頑張る負けず嫌いな女の子です。凜が背負っている覚悟をどう演じられるか不安でしたが、木村拓哉さん演じる万次を信じて、覚悟をもって演じました。今回はじめて三池組に参加させていただきましたが、みんながみんなを尊敬して、助け合いながら全力を尽くす居心地のいい現場で、スタッフの皆さんにも負けられないと思いながら頑張りました」とのコメントを寄せている。

『無限の住人』は2017年4月29日より全国公開となる。