小栗旬のサプライズ登場に会場どよめく!

写真拡大

第29回東京国際映画祭(TIFF)特別招待作品『ミュージアム』の舞台挨拶が11月1日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、大友啓史監督が登壇。大友監督にもまったくのサプライズで主演の小栗旬が登場し、観客からの質問にも答える大サービスぶりで会場を喜ばせた。

【写真を見る】小栗旬の突然の登場に大友啓史監督がびっくり!小栗の肩を抱いて喜んだ

本作は、巴亮介によるコミックを原作に、カエルのマスクを被った犯人・カエル男の凶行に巻き込まれていく刑事の姿を描くサスペンス・スリラー。冒頭、「小栗くんは来ませんので、ご了解のほどを」と挨拶するなど、一人でトークに立ち向かう気でやって来た大友監督。

本作での小栗について「あんな小栗を見たことがないという表情を見せている」と絶賛し、「妻夫木(聡)くんも、今までに見たことのない妻夫木くんになっている。自分たちで追い込んで作り上げてくれた。脂の乗った俳優たちのいい芝居合戦が見られる」と大満足の様子だ。

舞台挨拶終盤に、劇中に登場するカエル男を呼び込んだ大友監督。すると反対の扉からは小栗が登場し、これには観客だけでなく大友監督もびっくり。大友監督は「さすがだね!やりやがったな!騙したな」と楽しそうな笑顔を見せ、「心強いね。さみしかったんだよ」と胸の内を明かして小栗と会場の笑いを誘っていた。

扉の後ろで大友監督の話を聞いていたという小栗は「自分でも見たことのない顔を見させていただいた。かっこよく撮ってもらって感謝しています」と新境地への思いを告白。続けて、観客からの質問にも答えることとなると、たくさんの手が上がった。

中国からの留学生という男性は「中国にもファンがたくさんいる。僕は『クローズ』にかなり影響されてファンになった。今日は感動しています」と緊張の面持ちで、小栗の人気ぶりを明かした。

「中国の映画に出る予定は?」と聞かれると、小栗は「お話をいただければどこにでも行きたいと思っている。日本だけでなく、中国だけでもなく、アジアという枠で面白いものを作れたら」と前のめりの姿勢を明らかにしていた。【取材・文/成田おり枝】