昨年撮影されたスリムで美しいブルック/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

『エンドレス・ラブ』(81)で知られ、美少女として名を馳せたブルック・シールズ(51)の激変ぶりが話題になっている。

【写真を見る】認識不能な激太り!?昨年とは大違いなブルック・シールズ/写真:SPLASH/アフロ

テニス選手アンドレ・アガシとの離婚歴を持つブルックは、2001年にクリス・ヘンチーと結婚し2児の母に。現在13歳と10歳の娘がいる。

産後は仕事を控えていたものの、映画のほかに「シカゴ」でブロードウェイの舞台に立つなど細々と活動。来年公開する予定の『Daisy Winters(原題)』や、テレビ番組の声優も務めており、いまでも現役だ。

しかし、黒い膝丈のコートにジーンズ、黒いアンクルブーツ姿でニューヨークを歩くブルックの姿は、でっぷりと太り、巨大な顔で三重アゴに。昨年10月にレッドカーペットを歩いた際の写真や、今年1月に娘たちと撮った写真もデイリー・メール紙に掲載されているが、スリムで美しいブルックとはまるで別人のようで、認識不能なほどの激変ぶり。

衝撃を受けたネットユーザーからは、「オー・マイ・ゴッド!」「現役なのに、激太りでショック!」「またうつになったのかしら?」といった声が寄せられている。

ブルックは2003年に長女を出産した後、うつになり、抗うつ薬を使用したことでトム・クルーズから批判を受け、一時犬猿の仲になっていたことがある。【NY在住/JUNKO】