ポジフィフは「ポジティブなフィフティー」の略

写真拡大

P&Gは50代を前向きに楽しむ女性のことを「ポジフィフ」と名付け、同社が運営する50代女性をターゲットにしたオンラインサービス「オトナスクエア」にて抽選で100人に「ポジフィフ支援金」10万円が当たるプレゼントキャンペーンを実施するなど、ポジフィフを応援する取り組みを進めている。

自分時間を取り戻し、新たな学びや人生を前向きに捉えやすい傾向

オトナスクエアは、前向きな気持ちで50代を楽しむ女性に向けて、「前へ踏み出す」きっかけを提供する情報サイト。健康・美容・趣味・ライフスタイルなど、多彩なジャンルのプロが配信する最新情報を「学ぶ」ことができるほか、同じ趣味を持つ会員同士と掲示板でやり取りできる「コミュニティ」も提供している。またギフトと交換できるポイントやプレゼントキャンペーンといった「おトク」な情報も満載だ。

P&Gが2016年10月に20代〜60代の女性1500人を対象に行った「考え方やライフスタイル」に関するインターネット調査によると、女性は年齢が上がるにつれて物事を前向きに考える人が増える傾向にあるという。自分は「物事を前向きに捉える方か?」という質問に対して、20代女性は40.7%、30代は42.3%、40代は46.7%と答えたという結果が出た。50代になると54.7%となり、過半数以上がポジティブ思考だった。

他にも、50代女性は新しい「学び」に対して貪欲で、自分に自信があり、毎日を楽しもうという意識が高い人が多いという結果が出ている。

「草食系男子」という言葉を世に広めたことで知られる世代・トレンド評論家の牛窪恵さん(48)は

「50代は、女性が再び『私スイッチ』を入れる時期。子育てや仕事に必死だった毎日が一段落。自分時間を取り戻し、新たな学びや人生を発展的に考える年代です」

と分析している。

オトナスクエアではこれから50代を迎える女性も含めた45歳〜59歳の女性ユーザーを対象に、これから始めたいこと、やってみたいこと、こんなふうに過ごしたいといった願望を「ポジフィフ宣言」としてサイトに投稿すると抽選で100人に支援金10万円が当たるプレゼントするキャンペーンを行っている。応募期間は2016年10月31日から2017年4月30まで。