10月30日、秋晴れの大分市内で行なわれた「大分国際車いすマラソン」は、今年で36回目を迎えた。1981年の国際障害者年を記念して、世界初の車いすだけのマラソン大会としてスタートし、障害の程度別に3クラス(T51、T33/52、T34/53/54)でマラソンとハーフマラソンの2種目が実施される規模の充実ぶりは世界的にも珍しい。これまでに国内外からのべ1万人以上が参加しており、マラソンの世界記録も男女ともにこの大会で生まれているほど、レベルの高い"オーイタ"は、世界の車いすランナーの憧れでもある。今年も、9月に開催されたリオパラリンピック出場選手も多数含む、18カ国からの259選手がエントリーしてきた。

 障害が最も軽く、最速の男子T34/53/54クラスの戦いは今年、ドラマティックな展開となった。リオ大会のマラソン金メダリストで、大会7連覇を狙っていたマルセル・フグ(スイス)がアクシデントで序盤にリタイアする波乱があったなか、リオで12位だった50歳の山本浩之が1時間26分02秒で初優勝を飾る。出場25回目にして悲願の初優勝、さらに日本勢の優勝は2006年の笹原廣喜以来、10大会ぶり2人目という快挙だった。1秒差の2位には、山本と最後までデッドヒートを繰り広げた若きホープ鈴木朋樹が、3秒差の3位にはリオでは自転車競技(ハンドサイクル)の金メダリストだった、エレンスト・ヴァン・ダイク(南アフリカ)が入る接戦でもあった。

 T34/53/54クラスの熾烈なトップ争いに競技場の興奮が収まらないなか、懸命の走りでフィニッシュし、少し障害の重いT33/52クラスを制したのは佐藤友祈(ともき)だった。リオパラリンピックでは、初出場ながら400mと1500mで銀メダルを獲得、20年東京大会でさらなる飛躍が期待される逸材だ。

 メダリストとして帰国後は祝賀会や報告会などで多忙を極め、約3週間もレーサー(競技用車いす)に乗れない状況で、復帰戦に選んでいた今大会は直前2週間の練習のみという強行出場となった。だが、初マラソン挑戦で2位に入った昨年の記録(1時間48分52秒)には及ばないものの、1時間49分32秒でフィニッシュして初優勝。「しんどいレースだったが、なんとか面目を保てた。応援のおかげです」とホッとした表情を見せた。

 1989年静岡県に生まれた佐藤は、21歳のときに脊髄炎を患い、両脚が動かなくなり、左手にも麻痺が残った。落ち込む佐藤を前向きにしたのはリハビリ中にテレビ観戦したロンドン・パラリンピックだった。車いす選手が風を切って走るスピード感に、自身の中の"障がい者観"が一変。

「車いすでも、こんなにアクティブになれるんだ。僕も、次のリオ大会に出たい!」

 すぐに見よう見まねで陸上競技をはじめたが、伸び悩む。「リオに間に合わない」と焦り、よりよい練習環境を探すなか、先輩の助言もあり、14年春、思い切って岡山市に練習拠点を移した。新生活が始まって1カ月ほど経った頃、もう1つの転機が起こる。練習で訪れた競技場で、颯爽とレーサーを駆るアスリートの鍛え抜かれた上半身に佐藤の目はくぎ付けになった。北京、ロンドンのパラリンピアン、松永仁志だった(のちに、リオにも出場)。

 挨拶すると、「一緒に練習しようか」と気さくに誘われた。走ってみせると、自己流のフォームを「悪くない」と言われ、自信になった。さらに、「胸と膝の中に空間をつくり込むイメージで漕いでみて」など、分かりやすい例えを使った松永の教えは経験の浅い佐藤にも理解しやすかった。

 一方の松永は、「第一印象では体つきも実力も、(メダリストとなった)今の姿が想像できるような選手ではなかった。でも、センスはあったし、練習を始めたばかりなのに、『パラリンピックに出る』と高い目標を口にしていたところに可能性を感じた」と振り返る。

 以来、まっすぐな佐藤の思いは松永にも伝わり、2人の練習機会は増えていく。佐藤のタイムも急激に伸びた。15年9月には松永の推薦もあり、松永の所属するグロップサンセリテに入社。10月末の世界選手権で代表入りを果たし、初めての大舞台で400mの金メダルを獲得。「リオ代表の推薦1位」も射止めてしまった。

 今年3月には松永の奔走の末、社内に車いす陸上競技部、World AC(ワールド・エーシー)が設立され、佐藤は国内でも数少ない、車いすの実業団選手になった。正社員として仕事もこなしながら、遠征費支援や就業時間の優遇などが受けられ、練習環境がさらによくなった。

 順調に成長した佐藤は9月、4年越しの夢だったリオパラリンピックで400mと1500mの2種目出場を実現。しかも、両レースとも世界王者マーティン・レイモンド(アメリカ)に食らいつき、銀メダルを獲得した。松永はレース前に授けた戦略通りに走った愛弟子のレースを、「(金メダルの)マーティンとの力の差を除けば、100点のレース」と評価する。

 それでも佐藤は、「金メダルを目指していたので、今でもレースを振り返ると悔しさがこみ上げる」と唇を噛む。「実は、明後日(11月1日)はパラリンピックを目指して初めてレーサー(競技用車いす)に乗った日から、丸4年になるんです。この4年でリオへの夢は叶いましたが、最初の2年は何をどうしていいか分からない自己流の練習でした。でも、次の4年間はもっと中身の濃いものにできると思う。東京では金メダルを獲ります」と意気込みを語る。

 まずは、栄養士と松永の指導のもと体を絞り、「一から仕切り直す」という佐藤。その第一歩となった"オーイタ"での優勝はよい弾みとなったことだろう。4年後の佐藤はどんな成長を見せるのか。今からとても楽しみだ。

星野恭子●取材・文 text by Hoshino Kyoko