日本ミシュランタイヤは1日、モーターサイクル用スポーツタイヤ「MICHELIN POWER RS(ミシュラン パワー アールエス)」を2017年春より順次発売すると発表した。

 MICHELIN POWER RS はミシュランが豊富に持つレース経験と技術に加え、これまでのタイヤ開発における多様なイノベーションを結集させた高次元パフォーマンスタイヤ。リアタイヤにはMICHELIN ACT(アダプティブ・ケーシング・テクノロジー)をさらに進化させたMICHELIN ACT+(アダプティブ・ケーシング・テクノロジー・プラス)を採用。

 レースからフィードバックされた専用コンパウンドと新設計のケーシング構造により、直進からコーナリングに至るまで様々な走行条件に対応し、優れた操縦安定性を発揮するという。

 発売サイズはフロント4サイズ、リア9サイズの計13サイズとなる。価格はオープン。