欧米ではフェスの定番ファッションとなっている花冠(フラワークラウン)。その起源は、ウクライナの独身女性の証として身につけていた花冠“vinok”(ヴィノク)にあるそうです。

近年は失われつつあるウクライナの伝統を盛り上げようと、日常的にこの衣装を着る女性が増えているのだとか。

きらびやかなウクライナ女性たちの写真をご覧ください。

 

Modern Women Wearing Traditional Ukrainian Crowns Give New Meaning To Ancient Tradition

1.

1つの花冠に使う花は最大12種で、リボンで編み込んであります。

2.

刺繍の美しさも負けていません。

3.

真っ赤なお花とネックレス。

4.

美と豊穣。

5.

可憐な少女。

6.
[画像を見る]
白を基調とした、うつむく少女。

7.
[画像を見る]
芸術的な冠。

8.
[画像を見る]
ブロンドにぴったりの黄色い花。

9.
[画像を見る]
ヤギを抱えた少女。

10.
[画像を見る]
衣装とのコーディネートにもセンスを感じます。

こうした花冠は、未婚女性を表すだけでなく、病気や悪霊からのお守りの意味もあるとのことです。

【ウクライナ美女による伝統衣装いろいろ…花冠のルーツがここに】を全て見る