1

6人の宇宙飛行士が、火星から採取した地球外生命体と人類初の接触を果たすものの、地球外生命体により恐怖のどん底に落とされる映画「LIFE」の予告編が公開されました。密室となった宇宙船で地球生命体に襲われる恐怖を描くストーリーは、映画「エイリアン」を思い出させるシリアスな展開になっています。6人の宇宙飛行士をジェイク・ギレンホール、真田広之、レベッカ・ファーガソン、ライアン・レイノルズ、アリヨン・バカーレ、オルガ・ディコヴィチナヤという豪華俳優陣が演じるのも見どころの1つです。

LIFE - Official Trailer (HD) - YouTube

予告編はジョン・F・ケネディ大統領が1962年にライス大学で行った宇宙事業に関するスピーチの「われわれがどれだけの道のりをどのような速さで進んできたか、完全に把握することは誰にもできません」という一節から始まります。



「まだ宇宙には、争いも偏見も国益の衝突もありません。宇宙に潜む危険は人類すべてにとっての危険です」



「宇宙の征服は全人類がすべての力を結集して挑むべき事業であり、宇宙での平和的な協力の機会は今を逃せば二度と訪れないかもしれません」



物語の舞台は国際宇宙ステーション(ISS)



6人の宇宙飛行士が滞在するISSに大きな物体が飛んできます。



「確認した」



物体がISSにぶつかる寸前でクルーは物体を見事にキャッチ。この中には何が入っているのでしょうか。



「彼らのミッションの目的は達成された」



火星から採取されたという砂のような物質。



研究室では顕微鏡を使った調査が行われおり……



その様子をクルーが見守っています。



顕微鏡で一体何が見えているのでしょうか。



真剣な面持ちで調査を見つめるクルーたち。







「我々が見ているのは地球外生命体が存在する初めての証拠だよ」



「君はついに父親になったんだな。これは親権争いがスゴイことになりそうだ」と冗談を言うクルー。



地球外生命体が存在する証拠を発見し、クルーたちの緊張の糸がほぐれます。



砂のように見えた地球外生命体が、クルーの指に反応してニョキニョキと動きました。



しかし次の瞬間、クルーが叫び声を上げます。地球外生命体が攻撃した模様。



恐ろしい力で引っ張られるようなそぶりを見せるクルー。



「中に入って助けるんだ!」「中に入ってはいけない!」ともめるクルーたち。



クルーたちがもめている間にも、攻撃の手を緩めない地球外生命体。



ここからはクルーが恐怖によりパニックに陥ります。その背後ではジョン・F・ケネディ大統領のスピーチの一節が流れています。



「われわれが船出をするとき……」



「人類史上もっとも多くの危険をともなうでしょう」



「冒険的で偉大な門出に……」



「神のご加護のあらんことを」



誰かから逃げるようにして急いでドアを閉めると……



外には別のクルーがいました。



クルー同士の争い。映画「LIFE」は、単にクルーたちが地球外生命体から逃れる様子を描くだけの話ではなさそうです。



映画「LIFE」は2017年5月26日にアメリカで公開開始予定。日本での公開時期は、記事作成現在のところ未定となっています。



また、「LIFE」のインターナショナル版予告編も公開されています。

LIFE - Official International Trailer (HD) - YouTube