チョン・ヘビン、SNSで渦中のチェ・スンシル氏に言及…ネットユーザーが賞賛

写真拡大

「国が元気でない状態であると思って...」

女優チョン・ヘビンがSNSで正直な考えを明かし、話題になっている。彼女は1日、KBS 2TVドラマスペシャル「麺やの女」の制作発表会で最近SNSに掲載した文章について語った。チョン・ヘビンは先月31日、SNSに「『キャリアを引く女』、放送していますか? 国がスンシル(韓国の大統領スキャンダルに関わった人物の名前) で皆さん怒ってますか? それでも10月の最後の夜ですので、少しの間窓を開けて秋の風を感じましょう」という文章を掲載した。

これは朴槿恵(パク・クネ) 大統領を裏で操っていたとされているチェ・スンシルという人物をめぐる一連の騒動に言及したもので、チョン・ヘビンのウィットに富んだ発言はネット上で話題になった。チョン・ヘビンはこの日の制作発表会で自身がSNSに投稿した文章について質問を受け「実は、なんだかんだ考えを言いたかったわけではなく、国が元気でない状態だと思って騒がしいかもしれないが、10月の最後の日だから夜の空気を一度吸い込んでみたらどうかと思って綴ったものだ」と明かした。それから彼女は「これ以上事態が拡大しないでほしい」とつけ加えた。

実は、チョン・ヘビンの文章は政治的な見解を述べたものではなく、最近韓国を騒がせている社会問題について関心を持っているということを表現したものだ。もしや問題になるのではないかと思い、SNSに文章を残すのを控える他の若いスターとは異なり、ウィットに富んだ文章で現在波紋を起こしている政治懸案についてコメントしたことで、たくさんのネットユーザーはエールを送っている。ネットユーザーは「ハロウィンだと文章を投稿するよりずっと良い」「さすが考えが深いスターだ」「いつも応援している」というコメントを残し、チョン・ヘビンのSNSに投稿したコメントに高い関心を見せている。

地道な努力で女優として能力を認めてもらっているチョン・ヘビンは、SNSを通じて自身の考えを率直に明かしたことでさらに好感度が高まっている。チョン・ヘビンはMBC「キャリアを引く女」で恨むことのできない悪役を完璧に演じ、好評を得ている。そして短編ドラマ「麺やの女」に出演する予定だ。