写真は、ディズニー仕様のラッピング電車(東横線にて)

写真拡大 (全7枚)

1日、東急グループは、都内で会見を開き「ディズニー社とタッグが組めた」と発表。来月のクリスマスまで実施する計画で、人気キャラクターが描かれた電車とバスのラッピング車両を走らせる試みを明らかにした。

同社の関係者は、東急グループの駅や商業施設なども含めて「ディズニー一色に染めることが目的」と話し、ディズニー社のブランド(ディズニー、ピクサー、スターウォーズ、マーベル)を利用して、「クリスマス気分を盛り上げる、大規模なプロモーション活動を行います」と知らせた。

東急線としては初めて、全路線(こどもの国線を除く)一斉に、共通のテーマをモチーフにしたラッピング車両を準備した。

例えば、東横線はディズニー。田園都市線は、ピクサー。大井町線・目黒線は、マーベル。世田谷線・東急多摩川線・池上線は、スターウォーズと割り振り、12月下旬まで、ラッピング電車を走らせる。

また、東横線渋谷駅をはじめとする主要6駅では、「ミッキーマウス・マーチ」など、ディズニー作品の発車メロディを組み合わせるという。

そして、バスの特別デザインについては、4種類がある。

淡島営業所(渋谷エリアを走行)の車両が、ディズニー。瀬田営業所(二子玉川エリア)の車両が、スターウォーズ。高津営業所(武蔵小杉エリア)の車両が、マーベル。虹ヶ丘営業所(たまプラーザエリア)車両が、ピクサーとなっている。

発表会には、女優・水沢エレナがゲスト出演。一足早くラッピング電車を一足早くチェック。「私は、プリンセスが登場するものが大好き。見つけることが出来ると、テンションが上がりますね」と自身の楽しみ方を紹介した。

その他にも「スタンプラリーがおススメです。やっぱり、全部集めたくなる可愛らしいものばかり」と、もう一つの楽しみ方を説明していた。

スタンプラリーは、全24駅で実施。その他、東急グループの施設とディズニーストアを含めた46か所(予定)において、スマートフォンアプリを活用したモバイルスタンプラリーも実施される。

共通のキャンペーン名は、「TOKYU CHRISTMAS WONDERLAND 2016 -Disney CRYSTAL MAGIC-」となっている。

▼ 女優・水沢エレナ、ミッキーマウス


▼ 写真は、ディズニー仕様のラッピング電車(東横線にて)






▼ 車内も、ディズニーのイメージが満載(東横線にて)




■関連リンク
ディズニー・クリスタルマジック - 案内WEBサイト