パク・ボゴム&キム・ユジョン「2016 Asia Artist Awards」に出演決定!

写真拡大

「雲が描いた月明かり」の2人の主人公パク・ボゴムとキム・ユジョンの「2016 Asia Artist Awards」(組織委員長:チャン・ユンホ、以下「AAA」) への出演が確定した。

アジアのドラマ、K-POPスターたちが一堂に会する「AAA」のドラマ部門に俳優パク・ボゴムとキム・ユジョンが出席し、さらに豪華なラインナップとなった。

パク・ボゴムは、2016年上半期まで放送された「応答せよ1988」で恋の前で純粋で率直な囲碁棋士チェ・テク役で売れっ子俳優になり、その後KBS「雲が描いた月明かり」の世子(王の跡継ぎ) イ・ヨン役で代替不可能な俳優として存在感を見せつけた。完璧なルックスはもちろん、深い感情演技からドキドキする恋愛演技で好評を受けたパク・ボゴムは、“花世子”“エンディング妖精”などのニックネームと共に「許可しない」「僕の人だ」などの流行語まで誕生させ、視聴者たちをときめかせた。

また、キム・ユジョンは男装宦官(かんがん:昔、東洋諸国後宮につかえた男の役人) ホン・ラオン役で可愛いながらも成熟した魅力をアピールした。特に、18歳とは思えないほど深い感情演技を披露し、今後をさらに期待させる次世代の女優に成長した。

このように2人は、ルックスから完璧なケミ(ケミストリー、相手との相性) と呼吸で、「雲が描いた月明かり」シンドロームを巻き起こし、同時間帯の視聴率1位をキープし、月火ドラマの強者になった。その結果、23.3%(ニールセン・コリア) という最高視聴率を記録し、放送終了後も覚めない人気を得ている。「AAA」でボユ(パク・ボゴム&キム・ユジョン) カップルが再会を果たし、多くのアジアファンをときめかせるものと期待を集めている。

パク・シネ、チン・グ、キム・ジウォン、ナムグン・ミン、ソンフン、CNBLUEのイ・ジョンシン、AFTERSCHOOLのナナ、リュ・ジュンヨル、クァク・シヤン、パク・ヘス、シン・ヒョンスらに続き、パク・ボゴムとキム・ユジョンが加わり、さらに豪華なラインナップを作っている「AAA」は、残りの俳優部門のラインナップにはどんなセレブが加わるのか関心が高まっている。

現在、「AAA」の公式投票アプリでは、100%ファンの投票で決まる「ファン投票人気賞」の投票が行われており、歌手部門ではEXOと防弾少年団、男性俳優部門ではEXOのベクヒョンとパク・ボゴム、イ・ジュンギが1位の座をめぐり接戦を繰り広げている。

K-POPとドラマが融合した韓国初の授賞式 「Asia Artist Awards」は、グローバルエンターテインメントメディアのSTARNEWSが主催し「Asia Artist Awards」事務局が主管、MONEY TODAY MEDIAのスポンサーで、11月16日慶熙(キョンヒ) 大学平和の殿堂で開催される。

■放送概要
「2016 Asia Artist Awards」
放送日時:11月16日(水) 午後6時

AAAの模様はCSテレ朝チャンネル1で完全生中継致します。