12月放送ドラマ「花郎」ポスター公開…“花のような6人の男たち”

写真拡大

1500年前の花のような男がやってくる。

今年12月初放送予定のKBS 2TV新月火ドラマ「花郎(ファラン)」(脚本:パク・ウンヨン、演出:ユン・ソンシク) が特別なポスターを公開しドラマのベールを脱いだ。

1日「花郎」の制作スタッフは、“花のような男”たちが集まったポスターを公開した。一番最初に6人の花郎のイメージを公開したのは、ドラマ中輝く青春の魅力を見せるための選択だったというもの。パク・ソジュン、ZE:A ヒョンシク、SHINee ミンホ、ト・ジハン、チョ・ユヌ、防弾少年団 V(キム・テヒョン) まで、まぶしい6人の男たちが集まっただけでも視線を強奪する「花郎」は、2016年12月、目の保養ドラマ誕生を予告した。

公開されたポスターには、真っ青な空の下青い草原を散策する6人の花郎の姿が描かれている。暖かい日差しは、青年が逆境を克服していく情熱と勇気を見せているかのように希望に満ちた感じだ。ここに6人の花郎の上を飛び散るピンク色の花びらは、“青春”だからこそより一層眩しく熱情的な彼らの姿を清涼感を持たせて表現している。

まず、一番前にいる2人の男パク・ソジュンとヒョンシクの構図が際立って見える。鋭い刃物をあわせているが、顔いっぱいに笑みを浮かべたままお互いを見つめるパク・ソジュンとヒョンシク。中心に立ってドラマを導く2人の人物の強烈な存在感と共に、彼らが見せる成長と友情、ブロマンス(男同士の友情) を期待させる。

2人の後ろにいるミンホ、ト・ジハン、チョ・ユヌ、Vの姿も和やかさを与える。彼らはそれぞれが笑顔を見せており、ドラマの感性を期待させる。

何より目を引くのは6人の花郎の完璧なバランスだ。澄みきった覇気あふれる花郎の未来が感じられる。現在を生きていく青春の姿とも似た彼らが、どれほど熱い関心と話題を作っていくかが注目される。同時にまだ公開されていない女性キャラクターのAraの姿もまた一層気になる。

「花郎」はドラマ史上初めて新羅時代の花郎を本格的に描く作品で、1500年前、新羅の首都“徐羅伐(ソラボル:現在の慶州)”を駆け回った花のような男たち“花郎”の熱い情熱と愛、まぶしい成長を描く本格青春時代劇だ。100%事前制作ドラマで、今年9月撮影を終え、2016年12月待望のオンエアを控えている。