INFINITE エル、宮部みゆき原作のドラマ「ソロモンの偽証」出演辞退“スケジュールの問題”

写真拡大

INFINITEのエルがJTBCの新金土ドラマ「ソロモンの偽証」への出演を辞退した。

1日午後、「ソロモンの偽証」側の関係者はマイデイリーに「スケジュールの問題でエルが出演できなくなった。作品に出演したがっていたが、最終的に辞退の意思を伝えてきた」と明かした。

「ソロモンの偽証」は、日本の推理小説の代表作家宮部みゆきの作品だ。同じクラスの友達が墜落死の後、自殺だったという警察の発表と殺害されたというマスコミの報道を見て信頼を失った学生たちが真実を求め乗り出すという内容だ。

友人の死に誰一人解答してくれない偽善だらけの大人の世界に「もうこれ以上我慢しない」と宣戦布告をした生徒たちが“校内裁判”を通じて自ら真実を追いかけていく様子が描かれる予定だ。

俳優チョ・ジェヒョンが事件の背景になる、チョングク財団の法務部チーム長、ハン・ギョンムン役に出演を確定した中、制作陣は養子の息子ハン・ジフン役をキャスティング中だ。

「ソロモンの偽証」は現在、韓国で放送中のJTBC金土ドラマ「今週、妻が浮気をします」の後番組として12月に韓国でスタートする。