初期設定のハンクは“依存症”だった!? 『ファインディング・ドリー』MovieNEX収録ボーナス映像が一部解禁!

写真拡大

『ファインディング・ドリー』MovieNEXがいよいよ2016年11月22日(火)発売!

【動画】ハンクの意外なキャラクター設定が明らかに!

ハンクの製作秘話を明かすボーナス映像の一部が公開されました。

ハンクは○○依存症だった!?

興行収入68億円突破の大ヒットを記録し、10月9日には世界興行収入が10億ドルの大台を突破したディズニー/ピクサー最新作『ファインディング・ドリー』が、早くも2016年11月15日(火)より先行デジタル配信開始、11月22日(火)にMovieNEXが発売されます。

本作の新キャラクターとして人気を集めているのはタコの“ハンク”。

ドリーとの面白おかしい“バディ”っぷりに注目が集まり、SNSでは「イケメンすぎる! 」、「ツンデレハンク最高! 」と多くのファンを魅了しました。

ハンクは、カメレオンのように体の色を変化させ、カモフラージュすることで、観葉植物やバックパックなど周りの風景に溶け込むことができる。この「どんな姿にも変身できてしまう」能力を武器に、ドリーの家族探しをサポートします。

この度、MovieNEXに収録されているボーナス映像「チーム・ハンクの挑戦」の一部を公開!

初期設定ではタバスコ依存症だったという、ハンクの意外なキャラクター設定が明らかになります。

『ファインディング・ドリー』の秘密がわかるボーナス映像

今回解禁なったボーナス映像で、アンドリュー・スタントン監督は、ハンクが気難しく無駄や他者との交流を嫌うから性格だからこそ、楽天家のドリーとの相性が良かったと明かします。

ハンクのボイス・キャストを務めたエド・オニールも「基本的にご機嫌ではない」とその気難しさに太鼓判。

さらに、初期設定ではホットソース(タバスコ)依存症の設定だったことを明かしました。

果たしてその後どのような経緯で、人気者のハンクが作り上げられていったのか、通常ピクサーではキャラクター制作期間は6カ月というがこのハンクのキャラクター制作には丸2年も掛かったというその秘話をぜひボーナス映像で確かめてください。

このほかにもMovieNEXには、ボーナス用に製作されたキャラクターたちのインタビュー集「突撃! 海中インタビュー」や、非常に珍しいCGエラー映像集、メイキングや未公開シーンなど、ボーナス映像を多数収録。

本編はもちろん、ボーナス映像で『ファインディング・ドリー』の世界を堪能できる内容になっています。

TDS新アトラクションプレビューが当たるキャンペーンも!

ディズニー公式サイトでは、『ファインディング・ニモ』と『ファインディング・ドリー』に登場するキャラクターのうち、あなたが会いたいキャラクターに投票すると、抽選で20名様にオリジナルグッズがもらえるプレゼントキャンペーンがスタート。

ドリー、ニモ、マーリン、クラッシュなどおなじみのキャラクターはもちろん、ハンク、デスティニー、ベイリーら新キャラクターなどバラエティ豊かなラインナップになっています。

投票期限は2016年12月20日(火)まで。

さらに11月15日(火)から、対象商品を購入して応募すると、2017年春に東京ディズニーシーのポートディスカバリーに誕生する、新規アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」のプレビューに50組100名様を抽選で招待するキャンペーンもスタートします。

『ファインディング・ドリー』
2016年11月15日(火)デジタル先行配信開始
2016年11月22日(火) MovieNEX (4,000円+税)発売