3000万人の難民の子どもたちは、避難先で何を感じているか

<全難民の半数が18歳未満だが、彼らは胸の内で何を思い、どんな苦難を経験し、どんな希望を抱いているのか。BBCのアニメを原案とする絵本『世界の難民の子どもたち ◆屮ぅ薀鵝廚離淵咼奪箸力叩戮ら知る世界の現実>

「ぼくはナビット。これはイランから脱出してきた、ぼくの本当の話。」

「ぼくたち家族は、イランから脱出しました。おとうさんがイランの、政治のやり方や、国のあり方に、反対していたからです。」

「政府の役人が来た日のことは、今でも、おぼえています。おとうさんの命が、あぶない! すぐに、脱出しなければなりませんでした。」

「おおぜいの人が、イランの政府に反対していました。そして、おとうさんと同じような目にあっていました。」

◇ ◇ ◇

 現在、世界を揺るがしている難民問題。UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)によると、2015年末時点で6530万人もの人が難民や国内避難民として故郷を追われている。その中には、当然、子どももいる。それどころか、全難民のうち51%が18歳未満の子どもだ。

【参考記事】難民はなぜ、子供を連れて危険な海を渡るのか

「Seeking Refuge」というタイトルの、英国アカデミー賞を受賞したBBC(英国放送協会)制作のアニメーションがある。アフガニスタン、イラン、エリトリア、ジンバブエ、ユーラシアから逃げてきた5人の子どもたちの物語。いずれも5分前後の短編だが、心揺さぶる作品だ。このアニメーション作品を原案に、このたび『世界の難民の子どもたち』という5冊の絵本が造られた。

 本シリーズ『世界の難民の子どもたち』における「難民」とは、保護を求めて国外に逃れた人のことを指す。国を脱する理由は、戦争、政治的思想、信仰等さまざまだ。ただ、「難民」というと、母国にいた間は悲惨な目に遭い苦労していたが、いったん国外に逃げられれば、あとは逃げ延びた先の国で手厚い保護を受け、安定した暮らしができる、そんなイメージがあるかもしれない。だが、それは大きな間違いだ。

 冒頭で紹介したのは、シリーズの1冊である『世界の難民の子どもたち ◆屮ぅ薀鵝廚離淵咼奪匹力』(難民を助ける会監修、アンディ・グリン作、ジョナサン・トップフ絵、筆者訳、ゆまに書房)だ。ナビットは、反政府思想のために命を狙われ、国を出た父親を追って、母と2人で逃げていくのだが、長くつらい旅の果てに、ようやく父親と再会するも、最初は父親のことがわからない。その戸惑いと、その後、やはりこの人が父親だと確信し、安心するまでの気持ちの揺れ。子どもだからこその思いであり、子どもを主人公にした大きな意味がここにはある。

【参考記事】イギリスで難民の子供900人が行方不明に

いわたかよこ ※編集・企画:トランネット