ディフェンディングチャンピオンの谷原秀人は連覇と賞金ランク1位への返り咲きを狙う(撮影:標英俊)

写真拡大

<HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 事前情報◇1日◇総武CC 総武コース(7,214ヤード・パー70)>
 3日(木)から4日間の日程で千葉県の総武カントリークラブにて開催される「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」。本日、予選ラウンドの組み合わせが発表された。
ますます白熱する国内男子ツアーをフォトギャラリーでチェック!
 先週の「マイナビABCチャンピオンシップ」で通算30勝目を成し遂げた片山晋呉は、時松隆光と宋永漢(韓国)と同組。賞金ランク1位の池田勇太は、ホストプロの宮里優作、小田孔明と予選ラウンドを回る。
 また、昨年覇者で先週は松山英樹と同じく「WGC-HSBCチャンピオンズ」に参戦していた谷原秀人は片岡大育、金庚泰(韓国)と同組となった。同大会は賞金総額2億円の高額賞金大会だけに、賞金ランク2位の谷原にとって、首位への返り咲きと連覇がかかる重要な一戦になる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【佐藤信人、勝負の明暗】片山晋呉の冷静さが凝縮された“刻む勇気”
岩田寛が語った本音 松山と共に輝いたジャパニーズ・ウィーク【舩越園子コラム】
谷原秀人 痛恨ダボで首位陥落も「伸ばすだけ伸ばす」
倉本昌弘、松山英樹は「メジャーに一番近い」 K・J・チョイ超えも期待
松山英樹、宮里藍が使用するアイウェア、オークリーに新たなアスリート