「麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」少女時代 ソヒョン、自ら犠牲に

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」の少女時代 ソヒョンが死を選んだ。

10月31日、韓国で放送されたSBS月火ドラマ「麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」(脚本:チョ・ユンヨン、演出:キム・ギュテ) ではウヒ(ソヒョン) が後百済の民のために自身を犠牲にした。

後百済の民は奴婢(ぬひ:最下層の賤民) に転落し、体験した苦痛で反感を抱き、彼らをペガ(ナム・ジュヒョク) が彼らを鎮圧した。このような危険を避けるためにウヒは城壁の上にのぼった。自身を止めに来たベクアにウヒは「見ないで」とし「見たら忘れられなくなる」と送り返した。

ウヒは「知らないふりして暮らせると思っていた。私を母親と思っている民を見て見ぬふりは出来ない」とし「高麗と百済、ギョンフォンとワン・ゴンすべての罪を私の命で報いる。ベクア、あなたを愛している。あなただけが私の唯一の伴侶だ」と最後の言葉を伝えた。