握手を交わす邱義仁(左)と大橋光夫の両会長

写真拡大

(台北 1日 中央社)台湾と日本は先月31日、東京で海洋協力に関するさまざまな事項を話し合う「台日海洋協力対話」の初会合を開いた。台湾が解決を求めていた沖ノ鳥(日本名:沖ノ鳥島)周辺海域の漁業問題に関して大きな進展は見られなかったが、海洋の科学的調査など個別のテーマについて協議を進めるワーキンググループの設置が決まったほか、今後は年に1回定期的に会合を開くことで一致した。

外交部によると、台湾の対日窓口機関、亜東関係協会の邱義仁会長と日本の対台湾窓口機関、交流協会の大橋光夫会長は、挨拶の中でそれぞれ、日台間の深い信頼関係に言及し、新時代の関係を構築したいとする認識を示したという。

総統府の黄重諺報道官は同日、「対話を基礎に双方が協力関係を深め、ウィンウィン(相互利益)の台日関係を作りたい」と強調。沖ノ鳥周辺海域での漁業問題については、台湾の漁業関係者の権益を保護する立場を崩していないとし、今後も引き続き交渉するとして、将来の進展に期待を示した。

(編集:齊藤啓介)