写真提供:マイナビニュース

写真拡大

『デスノート』『デスノート the Last name』(06年)、スピンオフ作『L change the WorLd』(08年)で大成功を収めた実写『デスノート』シリーズ。誕生から10年の時を経て、映画『デスノート Light up the NEW world』(10月29日公開)で、まさかの続編として復活を遂げる。果たして、その"最終ページ"には一体何が書き込まれたのか。

マイナビニュースでは「独占スクープ 映画『デスノート』の最終ページ」と銘打ち、すべての作品を企画・プロデュースしてきた日本テレビ・佐藤貴博プロデューサーの「今だから語れる」証言を中心に、全20回にわたってその歴史を掘り下げていく。インタビューは合計約5時間、4万字近くにも及んだ。第14回は「菅田将暉と池松壮亮、なぜ"ヤバイ"存在なのか?」。

○"映画界で愛される男"のコミュニケーション力

――菅田さんの印象は?

とても人懐っこいです。無防備で天真爛漫。初対面からフルオープンです。垣根を作らずに誰とでも仲良くなれるし、年上の人にもかわいがられやすいタイプだと思います。そういう現場での立ち振舞がすばらしいんです。

撮影現場では彼の味方、ファンがどんどん増えていきます。さすが「映画界で愛される人」だなぁと。自分にとって良い環境を作り上げることで、より俳優としてベストなパフォーマンスを出せる状態に持っていく。そういう計算はしていないでしょうが、自然と自分が緊張しないで臨める空気を作り上げています。これは本当にすごいことです。

――演技の面では?

(佐藤)信介監督が言っていましたが、こちらの要望に対していろいろな引き出しで答えてくれると。感覚的な指示しかできなくても、ちゃんとそれに対して答えてくれる。演出家にとっては非常にありがたい存在だと思います。オーダーにきちんと答えながら、自らもアイデアを出す。監督のやりたいことを全うし、コミュニケーションを取りながら自分なりのオリジナリティもさりげなく加えています。

○松山ケンイチと池松壮亮の共通点

――先程は池松さんを「ヤバイ」とおっしゃっていましたが、どちらにもその表現が当てはまりそうですね。池松さんのどのあたりが「ヤバイ」のでしょうか。

池松くんの手のひらの上で、みんな転がされていました(笑)。そんなにしゃべるタイプでもないんですが、その場を掌握しているというか。彼は直接的なことは言わない。でも彼の思い通りに事が運んでいく。本当にヤバイやつです(笑)。

ある時、みんなで主題歌の話題になって。安室奈美恵さんの予定ではありましたが、まだ決定ではなかったので伏せていたんです。すると「決まってるんですよね?」と探ってきて、自然とみんなでアーティストの予想合戦。結局正解が出てしまい、その場で急きょ発表することに。彼の思い通りに秘密を告白してしまいました(笑)。

――魅力的な方です(笑)。現場ではアドリブも多かったそうですね。

アドリブというか、その現場の空気感だったり、相手とのその時の感覚を大事にするという感じでしょうか。竜崎だったらこの場面で何をするか? 竜崎として現場に入って、その現場で常に竜崎として考えて行動していました。そういった意味では松ケン(松山ケンイチ)と似ているところでもあると思います。松ケンのLも、セットの脇にたくさんのお菓子を用意して、その場の流れで選んでいました。現場に行き、カメラの前に立って相手を見て考える。台本を自分の頭の中だけで考えて練り上げたものを披露するというのではなく、その場その場での「人間としての反応」を2人は意識していました。

池松くんは現場に行かないと分からないと言いますし、その場にあるものは何でも使おうとするとも言っていました。竜崎はその点でいえば、役者としては自由にできる幅、面白みがある。一方で、東出(昌大)くんが演じた刑事・三島はそうもいかず。東出くんも現場で刺激されたと思いますが、そこはグッとこらえていました。池松くんが東出くんをリスペクトしていたのは、そういう部分もあったんだと思います。何をやっても受け入れてくれる懐の深さのようなものがあって、さらにきちんと返してくれる。東出くんの魅力の1つです。

■プロフィール
佐藤貴博(さとう・たかひろ)
1970年4月26日生まれ。山梨県出身。1994年、日本テレビに入社。営業職を経て、2003年に念願の映画事業部に異動する。映画プロデューサーとして、『デスノート』シリーズ、『GANTZ』シリーズ、『桐島、部活やめるってよ』などヒット作話題作を数多く手がける。今年公開作品は、『デスノート Light up the NEW world』(10月29日公開)、『海賊とよばれた男』(12月10日公開)。
(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

(水崎泰臣)