10月31日、旅行会社『H.I.S』はヨーロッパ親善大使の就任会見を実施。就任した夏木マリさんが登場しました。


(c)Nosh

ヨーロッパに精通し、豊かな発想力を持ち合わせ、その精力的な活動から今回任命された夏木さん。「ヨーロッパの親善大使にご指名いただき、とっても今張り切っています」と喜びを語りました。

夏木さんは、企画・演出から出演までを手掛ける舞台表現『印象派NEO』の『不思議の国の白雪姫』を来年4月にフランス・パリのルーブル美術館で公演予定。

その舞台鑑賞をはじめ、ルーヴル美術館やヴェルサイユ宮殿の貸切見学、夏木さんとショッピングやアフタヌーンティーを楽しめる時間などを盛り込んだ『夏木マリ 印象派NEO パリルーヴル美術館公演鑑賞付きH.I.S特別記念ツアー』の企画が発表されました。


(c)Nosh

夏木さんは「パリは何回も行っているのですが、行く度に表情が違う。いつも新しい出会いがあるっていうか。教えられるというか。そういうことをいつも感じています」とパリの魅力を力説。

「私が考えた、6日間なのでここだけはおさえておきたい、女子としてはアガるところ。私が行きたいところ(笑)。自分中心にスケジュールを組んでみて、H.I.Sさんに見ていただいて決まりました」と今回のツアー内容に満足気な様子の夏木さん。


(c)Nosh

「ルーブルとか、ヴェルサイユを貸し切りっていうのが、ゴージャスじゃないですか。一人旅ではできないことを、今回ツアーなので組み込ませてもらって。気に入っています!」と笑顔で語りました。

プライベートでも旅行計画を立てたり、率先して企画したりするタイプですか?という質問に、夏木さんは「そうなんですよ。私、過去は友人に“旅行代理店か!”って言われて……そのぐらい好きなんです」と明かしてくれました。


(c)Nosh

海外旅行の際に、これだけはもって行くべき必需品を聞かれると、「飛行機の中が勝負ですね!」とズバリ。

「私はすごいですよ」と前置きをして、「まずはシートパック。ヨーロッパなら12時間はかかりますから、だいたい6枚持っていきますね。ごはんを食べる時以外は着けています。それから、むくみ防止のソックス。そして絶対、自分のスカーフは必要です。冷えますから」と次々と挙げました。これらを袋にひとまとめにして、飛行機に持ち込むのだそう。


(c)Nosh

そのグッズ一式のプロデュースの予定は?と投げかけられ、「いやいや(笑)。それは皆さん各々で買い求めていただければいいと思います」と会場を沸かせました。

【関連記事】

※ 西島秀俊、紳士スタイルで美人メダリストにレディーファースト

※ 永山絢斗からの熱いメッセージが到着「いい女になってください!」

※ オダギリジョー、宮沢りえからの突っ込みに笑顔「胸がいっぱいで何もしゃべれない」

※ 木村佳乃、マリー・アントワネットをイメージした金色のドレスで登場!

※ 西島秀俊、赤ちゃんをあやすシーンは「緊張した」