CNBLUE ジョン・ヨンファ、悪質な書き込みをしたネットユーザーに対し「法的措置を取る」

写真拡大

CNBLUEのジョン・ヨンファが悪質なユーザーたちを告訴する。

本日(1日)、所属事務所FNCエンターテインメント(以下FNC) は「弊社は所属アーティストのジョン・ヨンファと関連し、表現の自由を超え、虚偽事実の流布及び虚偽事実をもとに悪質なデマを作り上げるなど、名誉を毀損する行為に対し、法的措置を取る予定であることをお知らせいたします」と公式立場を明かした。

最近一部の悪質なネットユーザーたちが、各種SNSやポータルサイト及びインターネット掲示板などに、ジョン・ヨンファに対して攻撃的な書き込みを掲載したことがわかった。これに対してFNCは「弊社は既に悪質な書き込みの収集を終え、今後追加収集する資料に対しても法的対応をしていく予定です」と警告した。

ジョン・ヨンファは最近JTBCの新金土ドラマ「恋するパッケージツアー〜パリから始まる最高の恋〜」の撮影中で、来年編成される予定だ。

※以下はFNCエンターテインメントの公式発表の全文である。

こんにちは。FNCエンターテインメントです。

弊社は所属アーティストのジョン・ヨンファと関連し、表現の自由を超え、虚偽事実の流布及び虚偽事実をもとに悪質なデマを作り上げるなど、名誉を毀損する行為に対し、法的措置を取る予定であることをお知らせいたします。

最近一部の悪質なネットユーザーたちが各種SNSやポータルサイト及びインターネット掲示板などに、ジョン・ヨンファに対する攻撃的な書き込みが頻繁に起こっています。

これと関連して弊社は既に悪質な書き込みの収集を終え、今後追加収集する資料に対しても善処なし、法的対応をしていく予定です。

インターネット上での言語暴力はエンターテインメント業界はもちろん、社会全体的に必ず清算しなければならないことの一つです。弊社は健全なインターネット文化の確立のために今後も努力していく所存です。

関心と配慮をお願い致します。

ありがとうございます。